社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >
全データー(8127件)中、[全項目]「文化・教養-サイエンス」を含むもの(176件) を登録順表示

公開講座.comの特徴はこちらをご覧ください

広告


[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

講座名) トポロジーで光を操る
−光はボールとドーナツを見分けるか−
講座詳細) " 光・フォトニクス技術は我々の生活で欠くことのできないものとなっていますが、その新たな展開のひとつとして、トポロジーという数学の概念を導入して光を制御・活用しようとする""トポロジカルフォトニクス""という分野が注目を集めつつあります。
 講座では、トポロジーとフォトニクス技術がどのように関連するのか、どんな応用が期待できるのかなどについて、イメージ重視で紹介したいと思います。"
講師名) 岩本 敏・ 東京大学生産技術研究所 教授・ 新学術領域「ハイブリッド量子科学」研究メンバー
国立情報学研究所 
キャンパス名 )
 最寄駅 ) 竹橋駅、神保町駅
受講料) 受講料無料 入学金等)   教材費)  
曜日) 火曜 回数) 全4回

開始日) 08/07〜09/04 開始時間) 18:30-19:45

講座名) 教養としての統計学
講座詳細) 講座番号120717
『統計学が最強の学問である』という書物がベストセラーになり、ビッグデータ、AI(人工知能)など統計に関する注目が高まっています。ところが他方では、厚生労働省の『毎月勤労統計調査』の統計調査の不正をはじめ統計そのものに対する不信も高まっています。
統計学の歴史を振り返りながら、統計あるいは統計学の意義を受講者の皆様とともに考えていきましょう。
講師名) 稲葉 敏夫
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 23328円 入学金等)   教材費)  
曜日) 火曜 回数) 全1回

開始日) 08/10 開始時間) 14:45〜16:15

講座名) プレートテクトニクス再訪(T)
講座詳細) 講座番号120714
講義では、まずプレートテクトニクスの理論として、1)トランスフォーム断層とは何か? 2)オイラー極とは何か? 3)ホットスポットはどこにあるか?を検討します。「プレートテクトニクス」を知っているという人も、オイラー極とは何か?ということを理解している人は非常に少ない。オイラー極はプレートテクトニクスの根幹を成す最も基本的な概念です。トランスフォーム断層も重要な概念です。またプレートテクトニクスの研究成果として、4)中国大陸の成長や、マイクロプレートテクトニクス(これは巨大大陸をのせた大きなプレートではなく、もっと小さなプレートの動き)について学び、5)インド亜大陸の衝突に伴うバイカル湖の形成や近年発生した四川大地震の成因についてふれます。そして、6)かつて超大陸パンゲアの内海として存在していたテーチス海の末裔である地中海の地球史について触れます。地中海はわずか540万年前には、砂漠化した巨大な内陸盆地であった事実が確認されています。
講師名) 八木下 晃司
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 火曜 回数) 全3回

開始日) 08/20〜08/22 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) データ・サイエンスとビジネス
講座詳細) 講座番号120818
企業活動、特に、マーケティングにおいてはデータの利用は不可欠であるが、データを上手に使いこなせている企業は多くはない。また、全ての経営陣が、データへの投資に対する費用対効果(含むデータサイエンティストの費用対効果)について満足しているわけではない。なぜ、そのようなことが生じるのか、データの構造、種類、統計モデルなどの点から解説を行い、データを用いた企業の効率的な活動に対する示唆を提供する。
講師名) 上田 雅夫
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 15552円 入学金等)   教材費)  
曜日) 水曜 回数) 全3回

開始日) 08/21〜09/04 開始時間) 19:00〜20:30

講座名) 進化古生物学―化石に刻まれた地球と生命の歴史―
講座詳細) 講座番号120718
私達が目にする化石は、多くの場合まさに石と化していますが、それらの化石は過去の地球に生息していた生物の遺骸であり、生命の記録です。進化古生物学とは、化石を石ではなく、生命の痕跡として扱い、現生の生物や海洋環境などの変遷との比較から、化石となった古生物の生き様を明らかにする分野です。この講座では、化石とはなにか、化石に残された進化の歴史、化石から明らかになる古生物の生活史などを学びます。
講師名) 守屋 和佳
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 木曜 回数) 全4回

開始日) 08/22〜09/12 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 体力の正体は筋肉
講座詳細) 講座番号120648
「体力」とは何をさすのでしょうか。全身持久力や筋力、体の柔軟性などの「行動体力」を一般的に体力と呼びます。特に重要なのが、全身持久力と筋肉を動かす筋力。筋力は筋肉の断面積にほぼ比例します。つまり、「体力は筋肉」です。ところが、何もしなければ、40歳頃をピークに筋肉量も筋力も落ちる一方。特に、上半身より下半身のほうが急速に衰えます。そうならないための重要ポイントは「下半身と体幹を鍛えること」です。筋肉は何歳からでも鍛えられます。「もう遅い」ということはありません。
講師名) 樋口 満
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 金曜 回数) ※途中昼休み、適宜休憩をはさみます。

開始日) 08/24〜08/24 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 万物の本質、原素から元素へ
講座詳細) 講座番号120711
元素の存在様式と構成から自然の進化の軌跡を考究する。
原素の考え方とその社会的影響について、歴史上の立ち位置と変遷・実態を、また、化学元素の発見とその抽出・精選の歴史の一端を紹介する。身近な元素の反応を例に、元素周期律表の読み方と主要元素の特性と関係性、物質変遷の仕組みと環境への負荷問題を、さらに未利用元素の偏在と将来性とについて考察する。新元素の発見顛末記と国際性の正負の側面についても共に議論する。
講師名) 円城寺 守
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 14580円 入学金等)   教材費)  
曜日) 金曜 回数) ※途中休憩をはさみます。

開始日) 08/24〜08/24 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 珪藻の世界
講座詳細) 講座番号120724
珪藻はガラスでできた殻をもちます。その形と殻に刻み込まれた模様は幾何学的かつ複雑で、水中で最も種の多様性に富む生物群の一つとして知られています。珪藻の殻の形や構造を知るとともに、生物としての特徴や進化の過程で殻の作り方がどのように変化したかを解説します。また、時代や国の違いによる河川の水質の変化を、珪藻を使ったシミュレーションで理解します。さらに、エネルギー源としての珪藻の利用、珪藻土としての工業への利用、犯罪捜査への利用など、生活に密接した幾つかの事例を紹介します。
講師名) 真山 茂樹
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 月曜 回数) 全3回

開始日) 08/27〜08/29 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 動物と人間-関係史の生物学
講座詳細) 講座番号120719
動物と人間との関係をめぐるなぜなぜ物語。家畜化と農耕はなぜ同時に始まったのか?じつは有毒なミルクをなぜ人間は飲んだのか?ウマはどこでなぜ家畜化されたのか?騎乗はいつ始まったのか?古代と中世では動物はどのように扱われたのか?動物裁判や魔女裁判はなぜ行われたのか?世界史を変えたクジラとタラ。人間と毛皮の歴史。ペットはいつペットになったのか?哺乳類はなぜ「哺乳類」とよばれるのか?これらの謎を最新の科学の成果をもとに解明しよう。
講師名) 三浦 慎悟
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校最寄駅 )  
受講料) 17496円 入学金等)   教材費)  
曜日) 水曜 回数) 全3回

開始日) 08/27〜08/29 開始時間) 14:45〜16:15

講座名) 性の進化史 ― 性染色体と遺伝 ―
講座詳細) 講座番号320713
ヒトのY染色体は退化を続け、男性はいつか、この地球上から消えてしまうのだろうか? 地球に暮らす生物は、性染色体によって性を決めるだけでなく、温度などの環境によって雌雄の比率を変える生物もいれば、性のない生き物すらいる。そもそも、なぜ性は存在するのか? なぜヒトには雌雄同体がないのか? 性転換する生物の目的とは? 命を次世代に継いでいくために、驚くほど多様化させてきた生き物たちの「性」の進化史をたどりながら、併せて生殖補助医療と人類の未来についても考える。
講師名) 松田 洋一
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 金曜 回数) 秋期7回

開始日) 09/10〜12/03 開始時間) 13:00〜16:15

講座名) やっぱり、深海生物がおもしろい!
講座詳細) 講座番号320711
本講座は、深海で生物が生きるための工夫や多様な生物の存在、そして人類が深海へ及ぼしつつある影響について理解することを目的とする。そのために、「しんかい6500」などを使った深海生物研究のやり方、深海生態系の特徴、深海にもいる真菌類(カビやキノコの仲間)の多様性、動物と微生物の共生や進化について述べる。また、深海生態系の頂点にいる生物の重要性や懸念されるプラスチック汚染についてもふれ、深海の利用と保全のバランスを考える。
講師名) 藤倉 克則 他
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 金曜 回数) 全3回

開始日) 09/21〜10/05 開始時間) 15:00〜16:30

講座名) チョムスキーと言語脳科学
講座詳細) 講座番号320519
言語脳科学の原点には、チョムスキーの生成文法理論があります。「言語機能は人間の脳の生得的な性質に由来する」― 簡潔に言えば、それがチョムスキーの理論のポイントです。言語機能は人間の思考の中核でもあり、「人間の本性(ほんせい)」の要と見なすことができるのです。それまでの言語学とは全く違うこの考え方は、自然科学や人文科学に対して広範囲にわたって影響を与え、言語脳科学の基礎となっています。本講義では、初心に立ち返ってチョムスキー言語学の神髄を知り、基本となる問題をできるだけ掘り下げて説明したいと思います。自然と人間の関係について学ぶことで、人工知能の限界についても正しく理解できるでしょう。
講師名) 酒井 邦嘉
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全1回

開始日) 09/27 開始時間) 10:30〜12:00

講座名) 恐竜・古生物研究最前線2019
講座詳細) 講座番号320710
本物の化石、精巧なレプリカなどを用いて講義を行います。恐竜に代表される古生物は、実に魅惑的でミステリアスな生き物です。今は絶滅し、化石でしかみることのできない彼らは、不思議と人々の知的好奇心をくすぐります。この講座では、人気の高い恐竜を中心にさまざまな古生物に関する基本事項、近年注目されている話題、最新の研究成果などを紹介していきます。最終日には、樹脂を使ったレプリカづくりにもチャレンジします。参考図書は講義中で毎回紹介します。
講師名) 土屋 健
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校最寄駅 )  
受講料) 13164円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 秋期10回

開始日) 09/27〜12/06 開始時間) 15:00〜16:30

講座名) 火山と災害
講座詳細) 講座番号320709
自然現象には必ず厄災と恩恵の二面性がある。火山活動も噴火や大爆発といった脅威をもたらすことがあるが、その一方で温泉や地熱、それに観光の中心地として多くの人々に安息や生活の糧をもたらしている。そこで、火山とのつきあい方、共生の方法を知るため、マグマや火山岩のでき方、火山噴火の実態と火山体の形成、過去の火山噴火史と災害、噴火の地球環境への影響、宗教・文化と火山の関係など、さまざまな視点から火山を俯瞰する。
講師名) 山崎 晴雄
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 木曜 回数) 全5回

開始日) 09/28〜11/30 開始時間) 15:00〜16:30

講座名) 命を守る防災の基礎知識
講座詳細) 講座番号320623
これからも起こり続けるさまざまな自然災害(地震・水害・噴火等)の被災状況を予測して、住んでいる地域の災害特性を学び、身近なところから、出来る範囲での防災への取り組みを考え、もしもの時の優先すべき行動手順や自分の身を守る方法、家族を助ける方法、避難の判断や方法等、まずは、何からはじめるべきかをグループワークを通じて具体的に学びます。
講師名) サニー カミヤ
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校最寄駅 )  
受講料) 8748円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全10回

開始日) 09/28〜2020/01/18 開始時間) 10:30〜16:15

講座名) 宇宙活動?有人探査の歴史と展望?
講座詳細) 講座番号220705
ヒトの「宇宙に行きたい」と思う理由と、それをどうやって実現してきたか、科学技術と人文社会の点から考えます。そして、日本の活動を踏まえ、これからの世界の流れと日本の位置付けを、私的な期待も込めて展望します。
@我々と宇宙
フラーの宇宙、時間と空間と重力
A宇宙への憧れ
Bこれまでの宇宙行
揺籃期、黎明期、発展期、成熟期
C日本の活動
日本実験棟「きぼう」、ミッション運用の実際、宇宙飛行士の選抜と訓練
Dこれからの宇宙探査
i.なんで宇宙
ii.宇宙でこんな事も
深宇宙探査と宇宙ツーリズム、未来の宇宙で
講師名) 柳川 孝二
早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校最寄駅 )  
受講料) 8748円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 秋期10回

開始日) 10/03〜12/05 開始時間) 13:00〜18:00

講座名) 人工知能と未来の哲学
講座詳細) 講座番号220511
人工知能(AI)開発は大きな進歩を遂げ、囲碁、将棋、チェスでは、人間はもはやAIにかなわない。そうした分野は今後さらに増えるであろう。AI研究者たちは究極的には人間の能力を超える「汎用人工知能」の研究に取りかかっている。人間はAIにどのように向き合っていくべきか?またなぜ、人間を超えるリスクを抱えた「汎用人工知能」を開発するのか?こうした問題について映像作品などを交えながら考えていく。
講師名) 高橋 透
早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校最寄駅 )  
受講料) 11664円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全10回

開始日) 10/03〜2020/01/16 開始時間) 13:00〜16:30

講座名) 地磁気逆転研究の最前線とチバニアン
講座詳細) 講座番号220703
最近、千葉の地層(千葉セクション)が、地質時代の一つである第四紀更新世の前期・中期境界の国際模式地候補として注目を集めています。「千葉セクション」の長所は、約77万年前の地磁気逆転の記録がとても詳しく調べられていることです。千葉セクションが国際模式地として認められると、この境界に続く時代が「千葉の時代」という意味のチバニアンと名付けられます。今回の講義では、とくに地磁気逆転研究の最新動向の紹介と、千葉セクションの国際模式地認定への展望をお話ししたいと思います。
講師名) 菅沼 悠介
早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校最寄駅 )  
受講料) 8748円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 冬期4回

開始日) 12/14〜01/25 開始時間) 13:00〜18:00

講座名) 化石とDNAで語る日本人の起源
講座詳細) 講座番号220725
本講座の内容は大きく二つに分かれます。まずアフリカで誕生した人類の世界展開の様子を最先端のDNA研究がどのように説明しているのかを紹介します。次にその人類の拡散の中で、日本人がどのように成立したのかを説明します。このような研究は従来は化石の形態研究によって追求されてきましたが、現在ではDNAの分析が大きな役割を果たしています。この講義では特に21世紀になって発展したDNA研究が、人類集団の拡散や日本人の成立に関するどのようなシナリオを描いているのかを詳しく説明します。
講師名) 篠田 謙一
早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校最寄駅 )  
受講料) 8748円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全5回

開始日) 12/15〜02/09 開始時間) 10:30〜12:00

講座名) IoTが紡ぎ出す新しいコトづくり
講座詳細) 講座番号220707
すべてのモノがインターネットにつながるIoTが広がっています。工場の生産機械がつながることで、ものづくりは大きく変わります。また、日常生活で使われている様々な製品がつながることで、新しい価値が生まれています。IoTの大きな意義は、モノから新しいコトを生み出すことでもあります。本講座では、AI等の新しい技術との関連でIoTの意義を整理し、産業構造の変化や成長が見込まれる事業、私たちの生活へのインパクトについて説明します。
講師名) 浜屋 敏
早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校最寄駅 )  
受講料) 9748円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 冬期5回

開始日) 2020/01/09〜02/06 開始時間) 13:00〜18:00


[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

(4/9)


  

広告