社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >
全データー(7293件)中、[全項目]「文化・教養」を含むもの(1025件) を登録順表示

公開講座.comの特徴はこちらをご覧ください

広告


[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校舎
最寄駅 )
八丁堀駅

講座名) テーマでみる日本の古代社会
講座詳細) コード:210201
最近の社会の変化によって、いままでの考えが大きく変わるようになっています。歴史の研究でもそのことが言え、古代史もその例外ではありません。極端なことをいいますと、私たちが学校で学習したことが、180度変わってしまったというようなこともあります。そうしたことをふまえて、この講座では、興味のあるテーマを具体的にとり上げて、日本の原始時代から奈良時代にかけての歴史を考えてみたいと思います。
講師名) 瀧音 能之・駒澤大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:30〜12:00
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校舎
最寄駅 )
八丁堀駅

講座名) はじめての哲学
講座詳細) コード:210505
まず最初に、哲学という学問の性格を、他の学問と比較して説明します。そして、西洋哲学の歴史を振り返りながら、この学問における幾つかの基本概念について説明していきます。たとえば、自由、歴史、時間、主観、客観(客観性)、物と対象、理性、弁証法、実存、技術、といった概念を取り上げて、平易に説明していきます。
哲学的に考えることは、世界の最も根本的なところまで洞察することです。世界の深みへの経験をともに試みてもらいたいと思います。
講師名) 関口 浩・早稲田大学講師
受講料) 会員価格\17496
ビジター価格\20120
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 全6回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) はじめての日本美術史
講座詳細) コード:110407
今期のテーマは江戸絵画です。絵師の生涯や人となり、作風の変遷、作品に隠された意味や時代背景など。有名どころから、現代ではやや知名度の低い絵師まで、原則として一回に一人を取り上げてじっくりとお話しします。初心者の方向けの授業ですが、最新の研究成果や展覧会情報なども随時ご紹介していく予定です。
講師名) 新江 京子・早稲田大学講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:40〜12:10
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) ビジュアル 英国文化
講座詳細) コード:110339
まず、現代英国の文化や言語について、その成り立ちについて振り返り、「英国らしさ」の源を探ります。次に、貴族階級、中産階級、労働者階級を対比させながら、英国文化の中でも日本の人々にとって興味深いガーデニング、カントリーハウス、芸術、スポーツ、パブに代表される食、教育事情など現地での取材を基にした画像や映画も含めた映像を中心に、多角的に紹介していきます。英国にこれから行かれる方、すでに行かれて、そこでの経験を整理したい方にも受講していただきたい講座です。
講師名) 森田 彰・早稲田大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 英国美術の詩学
講座詳細) コード:110430
イギリスの詩と絵画、それも「名詩」や「名画」と呼ばれる作品には、およそ文学に求められる全てを兼ね備えているものが少なくありません。ユーモアと皮肉がお家芸といわれるイギリス文学ではありますが、その真髄たる詩の世界は、むしろ基本的にすこぶる「純」。恋を知り、人を愛することで深まりゆく喜びと悲しみに満ち溢れているのはもちろん、神話や歴史をも網羅しながら、決して重苦しくも堅苦しくもなく、それでいて皮肉や諷刺が時々顔を出すものですから、本当に読んでいて飽きることがありません。今期は、シェイクスピア(シェイクスピアは詩人です!)をはじめとするルネサンス以降の主要なイギリス恋愛詩およびラファエル前派兄弟団(Pre-RaphaeliteBrotherhood)を中心とした近代イギリス美術に焦点を当て、詩と美術の不思議な相関を通じて、恋愛という人間の普遍的な営みについても考察してみたいと思います。
講師名) 齊藤 貴子・早稲田大学講師・上智大学大学院講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 14:45〜16:15
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 近代ヨーロッパの歴史
講座詳細) コード:110317
産業革命と市民革命によって始まった近代ヨーロッパは、自由や平等の理念のもとに旧来の社会を解体した一方で、地球の至るところに植民地支配を拡大し、日本を含めた世界各地に巨大な影響を及ぼした。私たちが生きる現代社会の基礎もまた、かなりの部分が近代ヨーロッパによって築かれており、この時代のヨーロッパの歴史を知ることは、こんにちの世界について考えることに直結している。春学期は、とくに18世紀末から1870年代を中心にヨーロッパ各国の政治、社会、文化を概観する(秋学期では、1870年から第一次世界大戦までを中心とする)。
講師名) 小原 淳・早稲田大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 14:45〜16:15
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 古代メソポタミア史料講読
講座詳細) コード:110305
古代メソポタミア世界から出土する楔形文字資料のうち、本年度は、前2千年紀前半の資料である「マリ文書」「キュルテペ文書」「シッパル文書」などに残された宗教関連の書簡類(神託・預言・占い・祈願・王妃の書簡など)の講読を核にすえて、なるべく多くの資料から当時の宗教と政治の関わりや古代メソポタミア社会に生きた様々な階層の人々の宗教生活の実態を検証していきます。
講師名) 川崎 康司・早稲田大学講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:40〜12:10
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 古代ローマの歴史
講座詳細) コード:110313
古代ローマの歴史を概観しますが、なぜ(原因)、どのようにして(経緯)、何が(結果)生じ、何をもたらしたのか(影響)、という観点を重視して話したいと思います。例えば、ローマは前4世紀後半から前3世紀前半までのほぼ1世紀を費やしてイタリア半島を統一しました。その際、ローマは戦争で打ち破った相手方を直接統治せず同盟の対象としました。他方、イタリア半島統一からわずか4半世紀後、ローマはシチリアを直接統治するに至ります。こうした措置の違いはなぜ生じたのでしょうか。同様に、単なる事象として西ローマ帝国の滅亡を捉えるのではなく、西ローマ帝国が瓦解するに至った原因や経緯を重視したいと考えます。このような観点から歴史を勉強する面白さを理解していただきたいと思っています。
講師名) 原田 俊彦・早稲田大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 14:45〜16:15
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校舎
最寄駅 )
八丁堀駅

講座名) 古文書から読み解く江戸時代
講座詳細) コード:210211
講座では、江戸町奉行所の文書を中心として、江戸の市政展開と町人の生活諸相の実態に迫ります。テキストの講読を通じて、まずは史料の適切な解読と解釈につとめ、当時の政治・経済・社会・文化等の時代背景を踏まえ、史料の深読みをしていくようにします。古文書独特の用字・用法・用例を説明しつつ、必要に応じて参考文献等の提示も行います。今回は町奉行所の記録である「天保撰要類集」「嘉永撰要類集」をとりあげ、江戸町人が町奉行所に行った、さまざまな願い出を、10回にわたって読み進めることで、古文書の読解だけでなく、江戸の社会をより深く理解していくようにします。
講師名) 加藤 貴・早稲田大学講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:30〜12:00
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 吾妻鏡を読む
講座詳細) コード:110221
『吾妻鏡』を通して鎌倉武家社会をながめ、権力のしくみと武士の暮らしを観察します。つぎつぎと起る事件とそれらの当事者(歴史人物)には興味がつきません。
講師名) 新井 孝重・獨協大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:40〜12:10
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
八丁堀校舎
最寄駅 )
八丁堀駅

講座名) 江戸のくずし字で読む《旅日記&事件簿》
講座詳細) コード:210215
テキストは講師所蔵の『御所替書留一紙弐』で、江戸後期(19世紀)に老中水野忠邦が主導した“三方領知替え”に関連した騒動の一件資料です。資料の記主は出羽(山形県)庄内地方の農民と思われます。この騒動は、作家藤沢周平さんの『義民が駆ける』に描かれています。テキストの枚数は22枚ほどですので「ゆっくりと、ていねいに、しっかりと」をモットーに、初回は1枚ほど、2回目以降は2〜3枚ほど読み進める予定です。
講師名) 菅野 俊輔・江戸文化研究家
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 黒海周辺の美術めぐり―スキタイとトラキアの遺宝をたずねて
講座詳細) コード:110412
紀元前1千年紀に黒海沿岸で活躍した騎馬遊牧民族スキタイとトラキアの美術を、ウクライナ及びブルガリアの現地の美術館および遺跡で撮影した画像とともに見ていきます。ウクライナにおけるスキタイ民族の遺宝、ブルガリアにおけるトラキア民族の遺宝はいずれも黄金遺宝を中心とし、その独特の動物表現に特徴が見られます。その表現様式の起源や変遷を考えるとともに、スキタイ、トラキアそれぞれの美術に多大な影響を及ぼした当時のギリシア文化にも触れていきます。黒海沿岸に造られたギリシアの植民都市の遺跡の画像なども紹介しながら、当時の黒海周辺に展開した文化交流の様子も考えていきたいと思います。
講師名) 松平 美和子・駒澤大学講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:40〜12:10
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 史料でみる平安前期社会
講座詳細) コード:110212
『日本後紀』を基にして、平安時代前期の社会を考えてみたいと思います。『日本後紀』は正史である六国史のうちの第三番目にあたりますが、失われた部分が多く、全40巻のうち、現存するのはわずかに10巻です。しかし、近年、残存部と失われた逸文の部分を合わせたものが文庫で出されました。これをテキストとして平安時代前期の社会を考えてみたいと思っています。今学期は昨年に引き続きテキストの中巻を講読する予定です。
講師名) 瀧音 能之・駒澤大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野校舎
最寄駅 )
中野駅

講座名) 社会人のための必修教養講座 西洋美術史
講座詳細) コード:310425
本講座は古代から現代まで、ヨーロッパ世界における(古代エジプトを除く)壮大で多様な美術史のメインストリームを簡明に、かつ魅力的に辿ろうとする企画である。毎回、時代を代表するシンボリックな名作、あるいは中心的テーマを設定し、それをめぐりながら作品やスタイルの成立、その時代・社会的な背景を解き明かしていく。
今期は青銅器時代からローマに征服されるまで長く続いたギリシア美術を西洋美術の源流としての観点からとらえ、アルカイック時代からヘレニズム時代までの美術を中心に講義を行います。各回ごとに時代背景や特色が明らかになるようなテーマを設け、名作を軸にしてその魅力を味わいます。
講師名) 篠塚 千惠子・元武蔵野美術大学教授 他
受講料) 会員価格\17496
ビジター価格\20120
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 火曜 回数) 全6回

東洋英和女学院大学・六本木キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
六本木キャンパス
最寄駅 )
六本木駅下車、麻布十番駅下車、乃木坂駅

講座名) 小さな死生学入門
講座詳細) 講座番号:218
 カトリックのシスターであった渡辺和子さんは、ベストセラーとなった『置かれた場所で咲きなさい』などの著書で「小さな死」ということを述べています。それは、まず「本番の死のリハーサル」という意味から始まり、多くの示唆を与えています。本講座では、その「小さな死」を手掛かりに、特に高齢者をめぐる「生」や「死」の問題を考えていこうと思います。
 テキストには、渡辺和子さんの「小さな死」に触発された論考をまとめた拙著『小さな死生学入門−小さな死・性・ユマニチュードー』(東信堂、2018年)を使用します。 
講師名) 大林 雅之
受講料) 20000円 入学金等)   教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 15:00〜16:30
曜日) 火曜日 回数)  

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 城と合戦
講座詳細) コード:110246
城の起源は、弥生時代の環濠集落にさかのぼるといわれています。そのようなことから、近年、弥生時代の吉野ヶ里遺跡が、日本100名城にも選定されました。飛鳥時代から平安時代にかけて、城は朝廷によって築かれますが、鎌倉時代に武士が政権を担ったことで急速に進化していきます。南北朝時代には山城が発達し、室町時代から戦国時代にかけては、戦乱の激化とともに、日本全国でおよそ5万もの城が築かれました。そういう意味からすると、城は、あまたの合戦を乗り越えながら進化していったと言ってもよいでしょう。この講座では、古代から中世にいたる日本の歴史を、城と合戦の変遷から見つめ直します。
講師名) 小和田 泰経・静岡英和学院大学講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 短歌 実作と研究
講座詳細) コード:110134
定型の約束を持っている短歌を理解し、一歩前に進むためには、作品をより多く作ること、率直に批評し合うこと、歌人たちの作品をより多く読むこと、この三点が大切です。講義はこの三点を組み合わせて進めますが、資料はプリントにして毎回配付します。短歌創作に大切なのは身の回りへの好奇心です。見過ごしがちの周囲の小さい変化、電車の吊り広告のキャッチコピー、いろいろなものを楽しみ、歌の材料にしましょう。
講師名) 三枝 昂之・歌人、宮中歌会始選者
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 14:45〜16:15
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 地球大気環境の変遷
講座詳細) コード:110713
我々は今、大気中の二酸化炭素の増加によって温暖化の危機に瀕しています。この温暖化は大気中の二酸化炭素の増加に伴う海水温の上昇による異常気象を引き起こし、九州地方や岡山県、広島市など、各地の集中豪雨を発生させました。また「エルニーニョが発生した年は日本では冷夏とその後の暖冬」というパターンは崩れ、日本では猛暑となりました。しかし地球温暖化をもたらす二酸化炭素の大気中の量はほんのわずかです。しかしそのほんのわずかな二酸化炭素の、更にほんのわずかの増加が人類にとっての危機なのですが、実は46億年前、地球が誕生したばかりの大気には、90%をはるかに超える大量の二酸化炭素が大気中にあったのです。当時の大気の状況は、我々地球の兄弟星である金星と火星に現在も残されています。ではなぜ、どのようにして大気中の二酸化炭素は激減したのでしょうか?この謎を解き明かすことは、実はなぜ、地球だけが豊富な水に恵まれた惑星となったのか?またなぜ、地球だけが人類が棲める惑星になったのか?という疑問に答えることでもあります。太陽系のみならず、銀河系全体でみても、奇跡としか思えないような地球の歴史を紐解いてみたいと思います。講義内容は2018年度とほぼ同じですが、今年度も重要なエネルギー資源であり、かつ二酸化炭素増加の元凶でもある石油・石炭についてやや詳しく講義します。講義では講義資料集(約80ページ)を使い、パワーポイントも多用します。
講師名) 八木下 晃司・元岩手大学教授、元放送大学講師
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 奈良美術を知る YB【火曜クラス】
講座詳細) コード:110410
春期には新薬師寺、元興寺、法華寺、秋篠寺など奈良市内の寺院を取り上げます。今年度は奈良時代以降の仏像も多く紹介するため、特論として平安時代の主要作品を通覧する時間を設け、皆さんの理解の一助としたいと思います。はじめて受講される方のために基礎知識や時代背景を随時確認しつつ、新しい研究の成果も紹介していこうと考えています。
講師名) 片岡 直樹・新潟産業大学教授
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:40〜12:10
曜日) 火曜 回数) 全10回

早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校舎[大学のページへ]
キャンパス名 )
早稲田校
最寄駅 )
東京メトロ東西線 早稲田駅

講座名) 日本の現代
講座詳細) コード:110205
1945(昭和20)年の敗戦から今日までの日本はどのような歴史を経てきたのでしょうか?その起点は、明治以来の政治・経済・社会等々の国家体制を「民主主義」へ方向づけた「戦後改革」にあります。その後に、国際社会に復帰した日本は、「日米安保体制」の方向を辿り、国内政治は保守対革新の「55年体制」を展開しました。この間、1960(昭和35)年の「日米安保」改定で、今日に至る安全保障が出来あがり、エネルギー対策も「炭主油従」から「油主炭従」に転換しました。こうした中で、日本は新たな大衆社会の文化を成立させていきます。講義は平易な漫談調です。
講師名) 佐藤 能丸・日本近代史家
受講料) 会員価格\29160
ビジター価格\33534
入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/09〜06/18
開始時間) 10:40〜12:10
曜日) 火曜 回数) 全10回

[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

(6/52)


  

広告
講座登録募集中 メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか お気楽温泉ブログ お気楽温泉.com

広告

そんないプロジェクト