社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >大学一覧 > 明治大学
明治大学

明治大学 リバティアカデミー

明治大学 リバティアカデミー

 

施設概要

【お問合せ先】明治大学リバティアカデミー

【TEL】03-3296-4423
【FAX】03-3296-4542
【メール】academy@mics.meiji.ac.jp
【TEL問合時間】平日10:30−19:00、土曜10:30−15:30

大学のホームページへ

 

 

受講資格

【受講資格】リバティアカデミーは会員制です。会員の登録にあたっては、年齢、性別、学歴などを問わず、どなたでもご入会いただけます。会員登録は受講申込とあわせてお申し込みください。

【受講方法】
1、お電話、FAX、Eメール、ホームページ
講座の詳細は、ホームページまたは講座案内パンフレットをご覧ください。
【入学金など初期費用】
入会金 3,000円(3年間有効)
明大カード会員など割引制度有り


キャンパス案内

【キャンパス名】
明治大学駿河台キャンパス
【住所】
東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン11階
最寄り駅
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分



 

講座紹介

開催月別に表示

3月スタート 4月スタート 5月スタート 6月スタート 7月スタート 8月スタート 9月スタート

開催月別に表示

9月スタート 10月スタート 11月スタート 12月スタート 01月スタート 2月スタート 3月スタート

 

 

講座情報は急遽変更になる場合もあります。詳細については大学へお問い合わせください

うまく表示されない時はココをクリック

全データー(8127件)中、[全項目]「明治大学 文化・教養」を含むもの(146件) を登録順表示

広告




[ NEXT>> ]

キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 心と身体を活性化する和太鼓講座
和太皷を打って身体と心の活性化を体験してみませんか?
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
「和太鼓」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?太鼓を打ったことがない、リズム感がない、と不安に思う方もあるかもしれませんが、年齢も性別も関係なく、初めてバチを持った方でも、打てばドン!と響いてくれる…太鼓にはそのような懐の深さがあります。
気持ちよく身体を動かして、リズムに乗ると、楽しい音が生まれてくるのが、太鼓の醍醐味。身体が動けば、心も動きます。
太鼓のドンという響きを感じながら、みんなで思い切り太鼓を楽しみながら、心と身体を活性化させましょう!
受講料) 15000円 教材費)   曜日) 水曜 期間)11/13〜12/18  
時間)13:30〜15:30
回数) 全5回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 世界の民族音楽を聴く-第2講-『アイルランド音楽の世界』
―レクチャー&コンサート―
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
民族音楽は、いうまでもなく世界各地に赴き、人々の生活に触れ、現地の楽士が演奏するものを聴くのが一番よい機会ではありますが、現実にはなかなかむずかしいものです。このオープン講座では2000年度からリバティアカデミー教養・文化講座『民族音楽紀行』を担当された故江波戸昭先生(明治大学名誉教授、地理学)の遺志を受け継ぎ、日本在住のトップクラスの演奏家をお招きし、それぞれの分野での音楽や楽器、さまざまな社会的・文化的背景などのお話をしていただきながら、みなさんに楽しいレクチャー &コンサートのひとときを共遊していただきます。【今年度のテーマは「世界の音・音楽を訪ねて(2)」です。】
受講料) 2000円 教材費)   曜日) 土曜 期間)11/16  
時間)14:00〜16:30
回数) 全1回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 【明治大学×熊本県市長会連携講座】金栗四三の功績と日本のスポーツ
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
2020年に日本で東京オリンピックが開催されます。このオリンピックという憧れの舞台に日本人として初めて参加したのが熊本県出身のマラソン選手、金栗四三です。NHK大河ドラマ「いだてん」の主人公にも取り上げられた同氏は、選手としての活躍にとどまらず、「駅伝」を発案するなどマラソン界とスポーツの発展のために尽力しました。
本講座では、金栗四三の功績とその人物像に迫りながら、日本のスポーツについて考えます。
受講料) 受講料無料 教材費)   曜日) 日曜 期間)12/01  
時間)10:30〜12:30
回数) 全2回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 耳で愉しむシェイクスピア 『ハムレット』を読む
ドラマ・リーディングの世界へようこそ
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
シェイクスピアの戯曲のなかでも選りすぐりの名作に親しんでいただく講座です。難しい予備知識は必要ありません。初回に時代背景、当時の風習などについてわかりやすく解説しますので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
今シーズンは『ハムレット』を読みます。テクストは名場面を抜粋したもの(日本語訳)を使用します。各回の前半では、筋の展開や登場人物の相関関係等を紹介し、後半ではプロの俳優による朗読を行ない、中でも名台詞について詳しく説明します
受講料) 10500円 教材費)   曜日) 木曜 期間)12/05〜2020/01/16  
時間)13:00〜14:30
回数) 全5回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 太平洋の島々における廃棄物問題と日本の役割
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
太平洋島嶼国は遠隔性、隔絶性、狭小性に加えて外部依存性によりモノの流れが一方通行になりがちで、外から入ってきたモノが廃棄物として島に滞留するため、廃棄物管理が地域の優先課題となっている。この課題解決を支援するため、日本は2000年から太平洋島嶼国への廃棄物分野の協力を継続中で、現在も大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト(J-PRISM)のフェーズ2を実施中である。本講座では太平洋島嶼国のごみ問題と日本のこれまでの協力を振り返りながら島嶼国での廃棄物管理のあり方を議論する。
受講料) 1000円 教材費)   曜日) 土曜 期間)12/07  
時間)13:00〜14:30
回数) 全1回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 世界の民族音楽を聴く-第3講-『世界の口琴とアフリカの親指ピアノの音の世界』
―レクチャー&コンサート―
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
民族音楽は、いうまでもなく世界各地に赴き、人々の生活に触れ、現地の楽士が演奏するものを聴くのが一番よい機会ではありますが、現実にはなかなかむずかしいものです。このオープン講座では2000年度からリバティアカデミー教養・文化講座『民族音楽紀行』を担当された故江波戸昭先生(明治大学名誉教授、地理学)の遺志を受け継ぎ、日本在住のトップクラスの演奏家をお招きし、それぞれの分野での音楽や楽器、さまざまな社会的・文化的背景などのお話をしていただきながら、みなさんに楽しいレクチャー &コンサートのひとときを共遊していただきます。【今年度のテーマは「世界の音・音楽を訪ねて(2)」です。
受講料) 2000円 教材費)   曜日) 土曜 期間)12/21  
時間)14:00〜16:30
回数) 全1回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 【明治大学・福井県連携講座】明智光秀と越前〜謎の前半生をめぐって〜
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公として注目を集める明智光秀。「敵は本能寺にあり」という台詞のもと、主君・織田信長を本能寺の変で討った姿は時代劇などでもはやステレオタイプ化した光秀像といえるでしょう。しかし、史料を丹念に読み解くと、信長を支えた有能な部下としての姿や、領民に慕われ、家族を大切にした一面も見えてきます。
光秀の若き日の動向に関する史料は少なく、その素顔は多くの謎に包まれています。今回の講座では、光秀が青年時代に約10年間過ごしたと伝わる越前での足跡に焦点を当て、信長に出会うまでの謎の前半生を紐解きます。さらに、戦国最大のミステリー「本能寺の変」の真相にも迫ります。
受講料) 受講料無料 教材費)   曜日) 土曜 期間)2020/01/11  
時間)13:00〜15:00
回数) 全2回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 【明治大学・福井県連携講座】光秀、一乗に来たる〜朝倉氏との接点に迫る〜
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
戦国時代、約100年にわたって越前国を統治した朝倉氏。朝倉氏は5代にわたり軍事力と財力によって、越前国主としての地位を確立しました。最後の当主、義景の時代までには、城下町・一乗谷は京の都に勝るとも劣らない全国屈指の巨大都市として繁栄しました。この一乗谷には、後に室町幕府最後の将軍となる足利義昭が身を寄せ、2020年の大河ドラマの主人公・明智光秀も義昭に従い滞在したと考えられています。光秀はその前半生の10年間を越前で過ごしたといわれています。本講座では何故、光秀が10年も越前に身を寄せていたのか、戦国城下町・一乗谷の魅力を紹介するとともにその謎に迫ります。
受講料) 3000円 教材費)   曜日) 土曜 期間)2020/01/25〜2020/02/08  
時間)13:00〜14:30
回数) 全3回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 【明治大学・和歌山県連携講座】紀州徳川家シンポジウム『紀州徳川家とその時代』
講師名)   
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
2019年は、初代紀州藩主となる徳川頼宣(徳川家康10男)が、紀州55万5千石に転封して400年の節目の年にあたります。紀州徳川家は、御三家の中でも征夷大将軍を輩出した唯一の藩であり、八代将軍吉宗は、徳川幕府中興の祖と呼ばれ、十四代将軍家茂(いえもち)は、国内が尊王攘夷に揺れる難局で将軍職を務めました。2人の将軍以外にも、世界史にも希有な270年に亘る泰平と、独特の日本文化を創造した江戸時代において、紀州徳川家の存在は際立っています。また、第16代当主の徳川頼貞が集めた「南葵音楽文庫」は、わが国の西洋音楽の黎明期の様子が凝縮された優れたコレクションとして、現在和歌山県で保存・研究されています。この記念すべき年に、紀州徳川家が果たした役割を振り返るとともに、今日から見た紀州徳川家の功績を顕彰します。
受講料) 受講料無料 教材費)   曜日) 土曜 期間)2020/02/22  
時間)13:00〜16:30
回数) 全3回
キャンパス名 ) 中野キャンパス
講座名) 【リバティアカデミー20周年記念オープン講座】【中野区立図書館連携講座】東京2020オリンピック・パラリンピックの視点
2020年以後の日本のあり方
講師名)   
大学名)
明治大学・中野キャンパス 
講座詳細)
なぜ招致したのか?開催により何を期待し、どのような恩恵・効果を望むか?レガシーとして何を継承すべきか?様々な疑問を抱きながら世界最大のイベントといわれるオリパラ大会が東京で間もなく開催されます。国立競技場とオリンピックの関係を歴史的視点で概観しながら、スポーツの聖地の歴史的な普遍性に目を向けます。また、これは必ず知ってほしいオリパラ観戦を10倍楽しむための話題を提供します。2020年以後にも目を向けながら、2020年を楽しむ視点を養いましょう。
受講料) 受講料無料 教材費)   曜日) 土曜 期間)2020/02/29  
時間)13:00〜14:30
回数) 全1回
キャンパス名 ) 中野校舎
講座名) 坂本龍馬の実像
講師名) 落合 弘樹・明治大学教授 
大学名)
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎 
講座詳細)
コード:310211
明治維新から150年を過ぎ、幕末がどのような時代だったのか議論されている。幕末を扱うドラマで必ずといってよいほど登場するのが坂本龍馬である。龍馬は様々な身分や組織の人物との間でネットワークをめぐらし、あるいは対立した。そうした龍馬の動きを通じ、幕末の時代像を明らかにしていく。
受講料) 会員価格¥14580
ビジター価格¥16767
教材費)   曜日) 火曜
期間)04/11〜  
時間)15:00〜16:30
回数) 全14回
キャンパス名 ) 中野校舎
講座名) 中国史書で読む日本史
講師名) 加藤 徹・明治大学教授 
大学名)
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎 
講座詳細)
コード:310315
日本史は、日本国内から眺めているだけでは、よくわかりません。外国、特に日本と歴史的に長い結びつきがある中国史の視点から日本史を見直すと、日本人が気づいていない数多くの発見があります。この講座では、古代から近世まで、中国の歴代王朝が国家事業として編纂した歴史書(「正史」)を中心として、その他の史料も紹介しつつ、中国の歴史書にあらわれる日本と日本人を紹介します。中国側の誤解や偏見だけでなく、中国人だからこそ気づいた日本人の意外な特徴など、中国史書における日本のイメージは現代の私たちにもさまざまなヒントを与えてくれます。
受講料) 会員価格¥14580
ビジター価格¥16767
教材費)   曜日) 金曜
期間)04/11〜04/11  
時間)13:00〜14:30
回数) 全1回
キャンパス名 ) 中野校舎
講座名) なぜ私たち人類はサルから分かれたのか
講師名) 更科 功・東京大学総合研究博物館研究事業協力者、明治大学講師、立教大学講師 
大学名)
早稲田大学エクステンションセンター 中野校舎 
講座詳細)
コード:310714
地球に生命が誕生してから、およそ40億年が経った。しかし、その40億年の間、直立二足歩行をする生物も、脳が私たちのように大きい生物も、まったく進化しなかった。それは、直立二足歩行にも大きな脳にも、重大な欠点があるからだ。それなのに、なぜ私たち人類では、直立二足歩行と大きな脳が進化したのか。その理由と初期の人類の歴史について講義する。
受講料) 会員価格¥14580
ビジター価格¥16767
教材費)   曜日) 土曜
期間)04/11〜06/13  
時間)13:00〜14:30
回数) 全5回
キャンパス名 ) 八丁堀校舎
講座名) 幕末維新の人物像
講師名) 須田 努・明治大学情報コミュニケーション学部教授 
大学名)
早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校舎 
講座詳細)
コード:210234
会沢正志斎・横井小楠・吉田松陰・三遊亭円朝といった幕末・明治維新期から文明開化期に生きた著名な人物の思想・行動・活動を分析し、その時代の特徴を考察します。なるべく、史料や論拠を示しながら個人史をトレースしていきます。思想家・兵学者・噺家という様々な切り口から時代を見ていきましょう。
受講料) 会員価格¥17496
ビジター価格¥20120
教材費)   曜日) 火曜
期間)04/11〜06/20  
時間)15:00〜16:30
回数) 全6回
キャンパス名 ) 駿河台キャンパス
講座名) 【龍谷大学連携講座】明治大学リバティアカデミー大阪出張講座
ヤマト王権と難波・河内
講師名) 吉村 武彦コーディネータ、明治大学名誉教授 
大学名)
明治大学・駿河台キャンパス 
講座詳細)
19170025
 奈良盆地東南部から起こったと思われるヤマト王権は、4世紀前半には成立したと思われる。4世紀末(『日本書紀』では応神天皇の時期)に、大阪の難波(なにわ)に都を移したと伝える。当初は難波に王宮、河内(かわち)に王墓(古市古墳群、百舌鳥古墳群)を造ったが、やがて王宮は奈良盆地に戻る。こうしたことから、「河内王朝(難波王朝)」論も提案されている。「王朝交替論」のような発想は興味深いが、王宮が基本的に奈良盆地に戻っている事実からみると、王墓の所在地から王権論を述べるのは無理がある。このような研究状況を見据えながら、ヤマト王権と難波(後には摂津国に所属)・河内(同河内国)との関係について、文献史料と考古学の研究成果面から述べてみたい。
受講料) 2000円 教材費)   曜日) 土曜 期間)04/14  
時間)第1部13:00〜14:00、第2部14:15〜15:15
回数) 全6回



[ NEXT>> ]

(1/10)

  

広告
講座登録募集中 メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか お気楽温泉ブログ お気楽温泉.com

広告

そんないプロジェクト