社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >大学一覧 > 清泉女子大学

清泉女子大学

清泉女子大学

施設概要

【お問合せ先】 清泉女子大学 生涯学習センター

【住所】  東京都品川区東五反田3-16-21
【電話番号】03-3447-5551
【FAX番号】03-5421-3212
【メール】  shogaigakushu-c@seisen-u.ac.jp
【電話受付時間】 平日9:00〜17:00 土曜日9:00〜13:00
大学のホームページへ

受講資格

【受講資格】特になし

【受講方法】
1、申込書のついたパンフレットを請求してください
2、申し込み書(ハガキまたはFAX)を送付。あるいは大学ホームページから申 し込んでください。
後日、振込用紙を送付いたします。
3、開催日に直接会場にいらしてください

【入学金など初期費用】入会金3,000円(初年度のみ)

【割引制度】
麗泉会・泉会・発展協力会の会員は通常講座の受講料が5%割引になります。
また、包括協定締結大学の在学生の通常講座の受講料が50%割引となり、一日講座受講料にも割引が適用されます。
対象の方は申込時に申請をしてください。ご本人からの申請がない場合は適用されません。

キャンパス案内

品川キャンパス

清泉

【最寄駅】JR五反田、大崎、品川駅

【アクセス方法】五反田駅前の東急ストアを右手に見て、ソニー通りを直進。 ソリマチビルを左折して坂を上った左側。徒歩10分

【住所】東京都品川区東五反田3-16-21



講座紹介

開催月別に表示

3月スタート 4月スタート 5月スタート 6月スタート 7月スタート 8月スタート 9月スタート

開催月別に表示

9月スタート 10月スタート 11月スタート 12月スタート 01月スタート 2月スタート 3月スタート


講座情報は急遽変更になる場合もあります。詳細については大学へお問い合わせください

うまく表示されない時はココをクリック


やせやすい
全データー(8128件)中、[全項目]「清泉女子大学」を含むもの(104件) を登録順表示

広告




[ NEXT>> ]

講座名) おもしろい、役に立つ英語学:第7回 英会話の社会学        グローバル化とコミュニケーション
講座詳細) 講座番号 24   グローバル化の進む中で異文化間コミュニケーションを考える講座です。オリンピック・パラリンピックを迎えるという絶好のタイミングです。異文化をどうとらえるかという視点を学び、相手と状況に合わせた適切な対応を考えることが主眼です。日本語の「敬語」に相当する英語の「敬意表現」やジェスチャー、「おじぎ」などの「敬意行動」も取り上げます。最近は「ハグ」する日本人も増えましたが、欧米の文化を受け入れるだけの一方通行でよいのでしょうか。自国文化を紹介することも外国語学習の目的です。英語で自分の名前を言う時、日本語式の「姓」+「名」でもよいのでは? よりよいコミュニケーションを目指して、ご一緒に考えましょう!
講師名) 大杉 正明  清泉女子大学名誉教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 06/06〜07/04 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) キリスト教はおもしろい
講座詳細) 講座番号 17   キリスト教は、信者にとっては大切なものでも、信者でない人には何の関係もないもののように思われるかもしれません。しかしながら、キリスト教がもたらした文化やキリスト教の考え方・思想がわれわれの生活におよぼしている影響はことのほか大きいものです。本講座は、いわゆる真正面からキリスト教を論じるのではなく、むしろキリスト教という宗教を、個性的な講師がそれぞれに自由に論じ、キリスト教という多面体を通してわれわれが生きている世界や社会について考えようとする試みです。
講師名) 加藤 智・堀江 有里・西脇 純・藤原 淳賀
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 9600円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全4回

開始日) 06/06〜07/04 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) スペイン語訳を通じて見える日本の文化
 漱石『坊ちゃん』と鴎外『雁』
講座詳細) 講座番号 26   このところ日本の小説が盛んにスペイン語に翻訳されています。『古事記』から『コンビニ人間』(2016芥川賞受賞作)に至るまで、じつに意欲的にさまざまな作品が訳されています。
 そうした翻訳作品を横目で見ながら、いったい日本語特有の表現や、日本文化固有の事象は、どのように翻訳されているのだろうかとずっと気になっていました。
 たとえば『坊ちゃん』の出だし、「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている…」は、どんな工夫を施されて訳されているのだろうかと思ったりします。
 そこで春期は、この漱石の『坊ちゃん』を題材に、「文化や言葉について」ご一緒に考えてみたいと思います。秋期は鴎外の『雁』の予定です。
講師名) 杉山 晃   清泉女子大学教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 06/13〜07/11 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) 印象派の名画を読み解く
 マネ、モネ、ルノワール、セザンヌとその時代
講座詳細) 講座番号 15   日本でもひろく知られた印象派の芸術を、19世紀後半のフランスの社会、政治、あるいは思想的背景など多面的な文脈の中で、作品に即して読み解いていきます。初回は、第二帝政期の1860年代に生まれた「新しい絵画」についてマネを中心に考えます。第2回は、「印象派」という呼称の源となった若い画家たちのグループ展が開かれてその芸術が大きく開花した1870年代をモネ、ルノワールを中心に概観します。そして第3回は、そうした印象派の芸術を基盤としながら、さらに独自の芸術が創出されていった1880年代をセザンヌを中心に検討します。
講師名) 太田 泰人  清泉女子大学非常勤講師
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 06/20〜07/04 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) シルクロード
?最新の出土資料・研究成果から見る
講座詳細) 講座番号 11   古来シルクロードは、ユーラシアの東西を結び、文化・文明を伝える大動脈でした。特に中国の隋唐時代、そのシルクロードを通じてもたらされた異国の文化・文明は人々を魅了し、国際性豊かで多様な社会を生み出しました。本講座では、近年新たに発見された資料を用いて、インドへ求法した玄奘三蔵の旅程を追い、シルクロード交易を独占した謎の民 ソグド人の活動を追跡し、唐に伝播した三夷教(景教・摩尼教・?教)の信仰の様子に注目し、シルクロードが古代日本に及ぼした影響にも迫ります。最新の研究で明らかになったことを画像・映像を用いて紹介します。
講師名) 福島 恵  清泉女子大学非常勤講師
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 06/20〜07/04? 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) 【054】ちょっとだけ歌舞伎通 (夏バージョン)
時代物・世話物・舞踊を知るための濃密な270分
講座詳細) 歌舞伎の演目には、時代物、世話物、舞踊の三種があります。「熊谷陣屋」など陣屋で繰り広げられる悲劇を知ると時代物の魅力を、「引窓」など親子兄弟の情愛の物語を知ると世話物の魅力を知ることができます。そして歌舞伎の華である舞踊まで知ると、歌舞伎の基本三種をマスターすることができます。これこそ芝居見物をワンランクアップさせる近道です。初めての方も、芝居通の方も、ご一緒に芝居三昧の一日を楽しんでみませんか?
講師名) 武藤純子(ムトウジュンコ)?清泉女子大学講師
キャンパス名 )  最寄駅 ) 2225
受講料) 9900円 入学金等)   教材費)  
曜日) 木曜 回数) 全3回

開始日) 08/06 開始時間) 10:40〜16:30

講座名) 歌舞伎に行こう! −初心者も見巧者もご一緒に−
講座詳細) 講座コード 13911歌舞伎を観たい、歌舞伎のことをもっと知りたい、そうお考えの方に参加していただきたい講座です。毎月上演される演目を例にしながら、内容や見どころをわかりやすくご説明いたします。時には役者の演じ方の違い、歌舞伎と文楽の演出の違いなどにも言及します。十三代目市川團十郎白猿襲名が行われる今年、講座を聞きつつ、芝居見物に出かけてみませんか。各回のテーマは以下の通りです。ただし変更する場合もあります。
講師名) 武藤 純子・清泉女子大学文学部兼任講師
キャンパス名 ) 〈後楽園〉最寄駅 )  
受講料) 16690円 入学金等)   教材費)  
曜日) 木曜 回数) 秋期6回

開始日) 09/10〜11/26 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) 歌舞伎に行こう! −初心者も見巧者もご一緒に−
講座詳細) 講座コード 13911歌舞伎を観たい、歌舞伎のことをもっと知りたい、そうお考えの方に参加していただきたい講座です。毎月上演される演目を例にしながら、内容や見どころをわかりやすくご説明いたします。時には役者の演じ方の違い、歌舞伎と文楽の演出の違いなどにも言及します。十三代目市川團十郎白猿襲名が行われる今年、講座を聞きつつ、芝居見物に出かけてみませんか。各回のテーマは以下の通りです。ただし変更する場合もあります。
講師名) 武藤 純子・清泉女子大学文学部兼任講師
キャンパス名 ) 〈後楽園〉最寄駅 )  
受講料) 16690円 入学金等)   教材費)  
曜日) 木曜 回数) 秋期6回

開始日) 09/10〜11/26 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) 謎の近代日本美術
 ??日本画/洋画/彫刻のはじまり
講座詳細) 講座番号 13   近代日本美術には謎も揺らぎもない、明快だ。と思われる方々は、今でも当たり前に感じる、日本画、洋画、彫刻という概念を素直に受け入れているからに違いありません。しかし、日本画はいつからはじまった?と考えてみると、突然、近代は揺らぎ出します。
 本講座では、「近代」「日本」「美術」のいずれかに関心があり、その歴史や表象(表現)について学びたい方々を対象に、具体的な作品を挙げながら分かりやすく謎解きを試みます。
講師名) 古田 亮  東京藝術大学大学美術館准教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 09/26〜10/10 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) 源氏物語の光と影????????????????????????王朝貴族の栄華と苦悩の世界
講座詳細) 講座番号 01   源氏物語の魅力を、原文(口語訳付き)に源氏絵や写真などを添えて分かりやすくして、文学としての素晴らしさを伝えたいと思います。昨年度の講座とは趣を変えて、光源氏や登場人物の心情やその移り変わりなどを、物語の大きな流れの中で追っていきます。
 六条御息所の生霊・死霊登場の場面とその意味するところや、光源氏の栄華を象徴する六条院を舞台にした、華やかだが複雑な恋物語、さらに光源氏への内親王降嫁に関わる人間模様や、密通事件の顛末なども扱います。不義の子・薫の魂のさすらいや、源氏物語のラストについても考えます。
講師名) 藤本 勝義   青山学院女子短期大学名誉教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 09/26〜11/14 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 近代文学散歩
武蔵野を歩く
講座詳細) 講座番号 06   国木田独歩が明治31年に「今の武蔵野」を書くまで、武蔵野の林が美の対象として文学に描かれることはありませんでした。何故でしょうか? また、何故独歩にしてそれが可能だったのでしょうか。この講座では、その謎を解き明かすべく、日本で最初に武蔵野の林の美を描いた国木田独歩(「武蔵野」)に想いを馳せつつ、それからほぼ120年ほど経った令和の武蔵野を散策します。他にも、徳冨蘆花(「みみずのたはごと」)、太宰治(「東京八景」、「花吹雪」)、大岡昇平(「武蔵野夫人」)など、武蔵野にゆかりの深い文学者の足跡を訪ねます。
講師名) 有光 隆司  清泉女子大学教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 10/03〜10/17 開始時間) 15:10〜16:40

講座名) スペイン語訳を通じて見える日本の文化
 漱石『坊ちゃん』と鴎外『雁』
講座詳細) 講座番号 26   このところ日本の小説が盛んにスペイン語に翻訳されています。『古事記』から『コンビニ人間』(2016芥川賞受賞作)に至るまで、じつに意欲的にさまざまな作品が訳されています。
 そうした翻訳作品を横目で見ながら、いったい日本語特有の表現や、日本文化固有の事象は、どのように翻訳されているのだろうかとずっと気になっていました。
 たとえば『坊ちゃん』の出だし、「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている…」は、どんな工夫を施されて訳されているのだろうかと思ったりします。
 そこで春期は、この漱石の『坊ちゃん』を題材に、「文化や言葉について」ご一緒に考えてみたいと思います。秋期は鴎外の『雁』の予定です。
講師名) 杉山 晃   清泉女子大学教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 7200円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全3回

開始日) 10/03〜11/07 開始時間) 13:30〜15:00

講座名) キリスト教と日本の諸宗教?
宗教・神話が描く人間像
講座詳細) 講座番号 20   人間は、天使に似た高貴な精神を一方に持ちながら、他方、動物顔負けの野蛮な行為に走ることもあります。この不思議な存在、人間とは何か? 神話・宗教の諸教典を手掛かりに、人間像をご一緒に捉え直したいと思います。人間はなぜ、楽園を失ったか? 悪いこともしないのに、なぜ苦しみがあるのか? 種々の宗教世界は、こうした不条理な現実を生きる人間に、応答しながら、共通して尊厳、高貴な価値、幸福を得る可能性を提示しています。種々の教典から、それが何かを辿りながら、善い生き方、幸福、隣人愛、苦の克服について、学びたいと思います。諸種の宗教のメッセージに触れることで、生き方の選択肢を増やせれば、と願っています。
講師名) 岡野 治子  清泉女子大学名誉教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 12000円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全5回

開始日) 10/03〜12/12 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 三国史の世界
?歴史から文学へ 付録「卑弥呼の事」
講座詳細) 講座番号 09   日本で親しまれている《三国志》とは、通常、小説としての『三国志演義』であり、14世紀中頃の羅貫中の著。もうひとつ、歴史上の三国時代の、歴史の記録として編纂された『三国志』があり、著者は3世紀末の陳寿。この関係は、後者の知識人の綿密な記録としての歴史の出来事が、約千年をかけて、前者の庶民の娯楽感覚を満足させる文学作品に変身した。その変化の見事さを著名な場面の記述を比較して楽しみたい。また、日本では、吉川英治の歴史小説『三国志』が最も親しまれている。日本古代の女王卑弥呼は、この『三国志』に登場し、三国(魏・呉・蜀)の外交に一定の役割を果たしている。これらにも触れてみたい。
講師名) 春日井 明  清泉女子大学名誉教授
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 12000円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全5回

開始日) 10/03〜12/12? 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 歌舞伎を観る・聴く・知る        ちょっぴり“ 通” 気分で楽しみましょう
講座詳細) 講座番号 03   十三代目市川團十郎襲名に沸く今年、歌舞伎に行ってみたい、歌舞伎をもっと知りたい、とお考えの方におすすめの講座です。初心者の方にはチケットの購入方法からお教えします。芝居好きの方には更なる見巧者へのステップアップをお手伝いします。毎月上演される演目を例にしながら、あらすじや鑑賞のポイントはもちろん、ここだけはしっかり観なければという見どころ・聞きどころをDVD、台本、浮世絵など様々な資料を用いながらわかりやすくご説明いたします。
 なお秋期講座はお得な芝居見物(12月19日)付きです。さあ、ちょっぴり通になった気分で歌舞伎に出かけてみませんか。
講師名) 武藤 純子  清泉女子大学非常勤講師
キャンパス名 ) 品川キャンパス最寄駅 ) 五反田・品川・大崎
受講料) 12000円 入学金等)   教材費)  
曜日) 土曜 回数) 全5回

開始日) 10/03〜12/19 開始時間) 10:40〜12:10




[ NEXT>> ]

(1/7)

 

  

広告