社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ > 資格取得カレンダー > 気象予報士

気象予報士

【概要】

気象予報士(きしょうよほうし)は、日本の国家資格の一つで、気象業務法第3章の2に基づき、指定試験機関(気象業務法第24条の5、財団法人気象業務支援センター)が実施する知識及び技能についての試験(以下、気象予報士試験という)に合格した者(同法第24条の4)であって、気象庁長官による登録(同法第24条の20)を受けた者をいう。

1993年(平成5年)の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになった際、その予報業務の技術水準及び信頼性を担保するための予想担当者の技能試験として創設された。第1回試験は、1994年(平成6年)8月28日に実施されている。

【資格の種類と受験料】

全科目受験(免除科目なしの方):11,400円
学科1科目免除:10,400円
学科2科目免除:9,400円

【開催日】

毎年8月下旬、1月下旬

【試験項目と受験料、主権者数と合格率】

2019年の合格率は 5.1%

試験は学科試験と実技試験があります。
学科試験は、予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、多肢選択式。実技試験は、文章や図表で解答する記述式です。

【学科試験】
1.予報業務に関する一般知識
2.予報業務に関する専門知識

【実技試験】
1.気象概況およびその変動の把握
2.局地的な気象の予想
3.台風等緊急時における対応

【主催団体とwebサイト】

(財)気象業務支援センター

全データー(4127件)中、[全項目]「気象予報士」を含むもの(1件) を新着順に表示

広告

講座名) 気象予報士によるお天気講座1なぜ?どうして?はじめて学ぶ気象のしくみ
講座詳細)  
講師名) 新井 直樹
東海大学・オンライン講座[大学のページへ]
キャンパス名 )
オンライン最寄駅 ) _ライブ配信方式
受講料) 8<can>000円(一般)6<can>400円(東海大学関係者) 入学金等)   教材費)  
曜日)   回数) 全4回

開始日) 06/08〜08/03 開始時間) 15:00〜16:30

(1/1)


  

広告
講座登録募集中

広 告

メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか

広 告

広 告