社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ > 資格取得カレンダー > 気象予報士

気象予報士

アメダスやひまわりなどの衛星による気象情報を分析し、特定地域の天気を予想することができる資格。
【資格の種類】
国家資格
【試験日】
毎年8月下旬、1月下旬
【直近の合格率】
5.9%
【試験手数料】
11,400円
【関東地区の試験会場】
東京都
【受験資格・年齢制限】
年齢・性別・学歴・経験に関係なく誰でも受験できる。ただし、大学の教養課程程度の気象学の知識と予報業務に必要な技能が必要。
【試験勉強期間の目安】
1年〜
【試験の概要】
試験は学科試験と実技試験があります。
学科試験は、予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、原則として5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式によるものとします。
【主催団体】
(財)気象業務支援センター 試験部

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-17 東ネンビル
TEL: 03-5281-3664
【主催団体のホームページ】

 

広域な気象予報は気象庁が行い、局地的な予報は民間でも行われるようになった。この業務を行うための資格が気象予報士。

局地的な予報とは、たとえば、スーパーマーケットで明日の予想天気から商品の仕入数を決定したり、遊園地などの入場予測を行うことに利用される。

アメリカでは1000億円規模のマーケットだが、国内では発展途上になっている


全データー(8128件)中、[全項目]「気象予報士」を含むもの(2件) を新着順に表示

広告

講座名) 気象現象の基本知識を学ぶ
講座詳細) 毎日、テレビや新聞には天気予報が見られ、気象予報士の解説も行われています。空を仰げば、綿雲やうろこ雲、入道雲などが見られ、冷えた朝には、家庭の窓ガラスに露が結び、冬には庭先にも霜が降ります。一方、夏から秋にかけて台風もやって来ます。この講座では、気温や気圧、風などの気象要素の観測方法、雲や低気圧、台風が生まれる仕組み、天気予報の仕組み、地球温暖化などについて、5回に分けて、お茶の間の視点から、やさしく学びます。また、雨量計や上空の気象を測るラジオゾンデなど、実際の観測機材を持ち込み、また雲を作る実験なども行います。
講師名) 古川 武彦・(気象コンパス代表元気象庁予防課長 理学博士)
敬愛大学・稲毛駅前センター[大学のページへ]
キャンパス名 )
稲毛駅前センター最寄駅 )  
受講料) 9500円 入学金等)   教材費)  
曜日) 水曜 回数) 全5回

開始日) 07/29〜09/30 開始時間) 15:00〜16:30

講座名) 気象予報士によるお天気講座1??なぜ?どうして?はじめて学ぶ気象のしくみ
講座詳細) 毎日の天気は、私たちの安全や快適な生活に大きく影響します。肌で感じる寒さや暑さ、風、雨などの気象現象が、なぜ起きるのか、どうして変化するのか、そのしくみについて説明します。この講座では、数式を使いません。気象を学ぶのは初めて、でもお天気に興味があるという方に、毎日の天気予報をより楽しく、より深く理解できるようお話しします。
講師名) 新井 直樹
東海大学・ユニコムプラザさがみはら[大学のページへ]
キャンパス名 )
ユニコムプラザさがみはら最寄駅 ) 小田急線 相模大野駅
受講料) 8000円(一般)?7200円(WEB割) 入学金等)   教材費)  
曜日) 金曜 回数) 全4回

開始日) 07/10〜08/07? 開始時間) 18:30〜20:00

(1/1)


  

広告