社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
トップ > 大学一覧 > 東京農業大学

 

【お問合せ先】 東京農業大学 エクステンションセンター
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1−1−1

【TEL】03−5477−2562

【TEL問合時間】平日9:00〜16:00

大学のホームページへ

 

受講資格

受講資格 どなたでも受講できます
受講方法 電話でお問合わせ下さい
入学金など初期費用 なし

 

 

 

世田谷キャンパス

「食と農」の博物館

厚木キャンパス

オホーツクキャンパス

住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

東京都世田谷区上用賀2-4-28

神奈川県厚木市船子1737

東京農業大学生物産業学部

北海道網走市八坂196/TEL 0152−48ー2940

最寄駅

小田急線経堂駅より徒歩15分
小田急線千歳船橋バス7分
田園都市線用賀駅バス7分

小田急線「経堂駅」から徒歩20分

小田急線本厚木駅よりバス15分

 網走駅 
地図

その他会場の講座

世田谷キャンパスの講座

「食と農」の博物館の講座

厚木キャンパスの講座

オホーツクキャンパスの講座






詳細については大学へお問い合わせください

世田谷キャンパスで開講される講座

講座名
講座内容
開催日
回数
定員
受講料
講師
園芸講座
C028 家庭菜園のための野菜生産技術 本講座は来春からの家庭菜園のスタートに向けて、その基本となる土作り、病害虫防除、野菜の基本的な生理生態、被覆技術、主な野菜(キュウリ、トマト、ナス等)の栽培方法について講義します。春からの栽培に備えて、畑の土の簡単な土壌診断(pH、 EC(含まれている肥料分の目安))を行い、施肥対策について解説します。本講座は基礎編となっていますので、これから家庭菜園を始めようとする方や、まだ始めてから日の浅い方を対象とした初めての受講者向きとなっています。 @11/6(土)
A11/13(土)
B11/27(土)
10:00〜12:00
3回
40名
9,500円
(材料費500円含む)
生物生産技術学科
教授 五十嵐大造
C029 園芸ボランティア ボランティアは活動を行う人の日々の生活の質(QOL)の向上や豊かな社会、アメニティーな生活空間・環境の創造のために欠かせない活動ですし、参加者のコミュニケーションを深める活動です。
園芸のスキルを向上させ、園芸活動によってどのような社会貢献ができるのか、様々な園芸ボランティアの事例を紹介するとともに、園芸ボランティアに求められる視点を涵養し、園芸活動に求められるスキルの獲得を目指して実習を行います。
さらに、海外ボランティア・NGOの活動や地域活性化のためのNPO活動などについても紹介します。
@11/13(土)
A11/27(土)
B12/18(土)
10:00〜15:00
3回
40名
9,000円
バイオセラピー学科
講師 宮田 正信
C030 エディブルガーデンのデザイン ―木や花、野菜や果樹でつくる庭― 樹木や草花、果樹や野菜を植え、テラス、デッキ、ガーデンキッチンなどを設けたエディブルガーデン。育て収穫する楽しみと、庭で料理をつくり食べる愉しさを味わう庭のつくり方やデザインを設計実習を通して学びます。 @10/2(土)
A10/9(土)
B10/16(土)
10:00〜12:00
3回
20名
9,000円
(株)草樹舎
代表取締役 須長 一繁
C031 ハーブ&メディシナルプラント 現在、ハーブ(香草)、メディシナルプラント(薬用植物)とも私達の生活に無くてはならないものになっています。ハーブの香りは、私達の気持ちをなごませ、薬用植物は、健康の維持に役立っています。身近なハーブや薬用植物を材料として栽培法(殖やし方、種まき、植え付け、管理の仕方など)をはじめ収穫・調製法及び利用法について学びます。 @10/9(土)
A10/16(土)
B10/23(土)
C11/6(土)
D11/13(土)
13:00〜15:00
4回
50名
18,000円
(教材費3,000円含む)
東京農大元客員教授
西 孝三郎
S006 メディカルハーブの基礎講座 ハーブ(herb)とは一般に生活に役立つ香りのある植物をいい、活用分野としては園芸や料理、ハーブ染め、クラフトつくりなど、多岐にわたります。この中で健康管理や美容を目的に活用することをメディカルハーブ(植物療法)とよんでいます。
実習を通して、身近な15種類のハーブの主要成分や活用方法を学びます。自分で栽培したハーブや、ドライハーブを使いこなして心身の健康に役立てましょう。
@1/22(土)
A1/29(土)
B2/12(土)
C2/26(土)
13:00〜15:00
4回
30名
16,000円(材料費4,000円含む)
NPO法人日本メディカルハーブ協会
認定ハーバルセラピスト
野口和子
S007 植物画講座 植物画は、絵画の中において、細密画というジャンルに入ります。植物の姿を植物学的見地に立って、花弁の形、葉脈の形、茎の形など、確認しながら描くことにより、植物の持つ造形のすばらしさを実感していただけることと思います。
植物が好きで、絵を描いてみたい方なら、どなたでも楽しみながら学んでいけることでしょう。
@10/5(火)
A10/12(火)
B10/19(火)
C11/9(火)
D11/16(火)
E11/30(火)
F12/7(火)
G12/14(火)
10:00〜12:00
8回
新規15名
継続20名
16,000円
ボタニカルアーティスト
佐々木 啓子
ボタニカルアーティスト
藤田 規子
S008 フラワーアレンジメント & 手作りクリスマスリース フラワーアレンジメントは初級向けと中級向けの2クラスです。Aクラスはお花や使う道具の扱い方からご説明します。Bクラスでは簡単な説明の後、制作に入ります。どちらのクラスも少人数で丁寧に進めていきます。
クリスマスリースは、昨年までと同様にヒバやモミなどフレッシュの枝物を使ってベースから制作します。オーナメントは変わりますのでお楽しみになさってください。各クラスとも自由に選んで受講いただけます。
A11/6(土)
B11/13(土)
C11/27(土)
14:00〜16:00
各1回
AB8名
C10名
A5,500円
(材料費2,500円)
BC6,000円
(材料費3,000円)
ヒビヤフラワーアカデミー
認定デザイナー・ブーケデザイナー
篠田 夏子
S009 都市におけるガーデニング ガーデニングを楽しみながら、収穫の楽しみも味わうことができるのがポタージュガーデンです。コンパニオンプランツなどの基本を学びます。また、ハンキンギという小さな器でのガーデニングは寄植の基本です。秋から冬・春までの環境に合う植物について学びます。 @10/9(土)
A11/6(土)
B12/18(土)
14:00〜16:00
3回
20名
20,000円 
(材料費11,000円含む)
(有)サニベルグリーンハウス
代表取締役 間室照雄
ハンギングバスケットマスター
間室伸子
S010 園芸福祉士養成講座(初級) 園芸福祉とは、花や野菜づくりなどの園芸の持つ効用を福祉・健康・教育・環境・コミュニティなどに活用して、地域や人を元気にすることを目指すもので、園芸福祉活動の現場で求められる内容を修得して、協会が実施する認定試験の受験資格を得るための講座です。 @10/16(土)
A10/17(日)
B11/6(土)
C11/7(土)
10:00〜17:00 
4回
80名
35,000円 
(材料費5,000円含む)
NPO法人日本園芸福祉普及協会
認定講師 伊東 豊 他
子どもチャレンジ教室
C032 親子で挑戦!たのしい食品づくりPart17 自家製豆腐を作ってみませんか?スーパーで手に入るもので充分おいしい豆腐が作れます。また、手打ちそばにチャレンジしてみてください。そば打ちはコツをつかめば子供でもおいしいそばが作れます。 @12/11(土)
A12/18(土)
10:00〜13:00
2回
親子10組20名
5,000円
食品加工技術センター
講師 野口 智弘
C001 料理を楽しむ食中酒講座 名料理人をお迎え、博物館2階の卒業生の蔵元コーナーから選んだ日本酒および焼酎と料理のコラボレーションを考え味わいます。なお、日本酒・焼酎選択と解説は醸造学科・穂坂教授が担当します。
講師紹介
菅沼豊明氏…24歳で渡仏、「料理の鉄人」“フランス料理人対決”チャンピオン、NHK「男の食彩」江夏豊と“ひらめで直球勝負”に出演、日本におけるフレンチのパイオニア。
柳原一成氏・尚之氏…江戸懐石近(きん)茶(さ)流宗家、柳原家家伝の割烹道、柳原料理教室を主宰、自ら野菜を育て、魚を釣り、身近な食材・日本全国の食材研究にも力を注ぐ。
やまはたのりこ氏…日本航空客室乗務員から転身、全国の酒・味噌・醤油や焼き物に魅かれ蔵、窯をめぐる。横浜で料理教室を主宰9年目。新刊「おつまみ一行レシピ」がブレイク
@10/23(土)
A11/13(土)
B11/20(土)
C12/4(土)
15:00〜17:00
4回
30名
15,000円
(教材費3,000円
含む)
醸造科学科
教授 小泉 幸道 他
C003 生物応用化学科100周年記念講座
炊飯の科学と技術を学ぶ −美味しいご飯を食べよう−
 「毎日ご飯の味が違う」「高級な炊飯器を使っているのにご飯が美味しくない」「美味しいご飯を食べたい」と悩んでいる人、この講座で問題解決しましょう。本講座では「美味しいご飯の秘密」を解明するため長年研究を行っている、高野教授が炊飯の最新の科学技術を教授し、炊飯器開発の専門家が炊飯器の特徴と癖、そして失敗しない炊飯器の使い方を伝授します。もうこれで、毎日、美味しいご飯を食べることができます。 A11/13(土)
B11/27(土)
13:00〜15:00
各1回
各20名
4,000円
(材料費1,000円含む)
生物応用化学科
教授 高野 克己 他
C004 大学で学ぶヨーグルト講座 皆さんはヨーグルトについてどれだけ知っていますか?乳酸菌の発酵により作られていることはご存じでしょう。しかし、ヨーグルトの起源や種類、乳酸菌の働き、効能となるとどれほどの人が正しく答えられるでしょうか?ヨーグルトとは単なるデザートではなく、実は奥の深いものなのです。本講座ではヨーグルトの歴史から、多種多様なヨーグルトの試食、トクホや最新の研究成果まで、ヨーグルトの本当の魅力を皆さんに知っていただき、ヨーグルトを普段の生活に活用していただくことを目指しています。 @11/25(木)
A12/2(木)
B12/9(木)
15:30〜17:30
3回
40名
9,000円
生物応用化学科
准教授 佐藤 英一 他
C005 生物応用化学科100周年記念講座
乳酸菌学入門
乳酸菌はチーズ、ヨーグルト、漬物、味噌、醤油などの発酵に重要な働きをする微生物です。さらに、乳酸菌は人間の腸内にも多く生息しており、免疫力を高めたりアレルギーを抑えるなど、我々の健康にも深く関わっています。乳酸菌が作る乳酸はバイオプラスチックの原料にもなり、環境問題にも役立つ微生物なのです。本講座では乳酸菌の基礎知識からバイオテクノロジー、乳酸菌に実際に触れる実験まで扱います。 @11/6(土)
A11/13(土)
13:00〜15:00
2回
20名
6,000円
生物応用化学科
教授 岡田 早苗 他
C006 みそ・しょうゆ・酢・あま酒・麦汁・納豆をサクサクつくる 醸造・発酵食品、酒類を学び、みそ(米・麦)、しょうゆ、酢、みりん調味料、あま酒、麦汁、納豆を自宅で醸します。 @10/2(土)
A10/16(土)
B10/23(土)
10:00〜16:20
15回
100名
15,000円
醸造科学科 
講師 東 和男
C008 家庭で出来る食品加工 家庭で簡単に作れる市販のような食品を作ってみましょう。パンはなぜ膨らむのか?
パンは小麦粉を使うのかなど、パンの仕組みを学び、実際にパン生地を作り、生地のよしあしや発酵具合を確認します。
また、フランス菓子の代表としておなじみの“マドレーヌ”、バターケーキの代表的な“パウンドケーキ(ミニ)”を作ります。
@10/2(土)
A10/9(土)
10:00〜16:00
2回
20名
7,000円
(材料費3,000円
含む)
食品加工技術センター
非常勤講師 菊池 修平
S001 食の検定・食農3級取得講座 毎日、あたりまえのように行っている食事ですが、改めて問われると知らないことが多いはず。食の検定は、食べるということが、自身の健康のみならず、社会や環境にまでつながっていることを知り、食や食材への理解を深めていただくことを目的に創設した資格試験です。食農3級は、農作物の基礎知識がテーマ。講座は、「食の検定・食農3級公式テキストブック」に沿って展開し、講座終了日には、検定試験を実施。80点以上の合格者には合格証を発行します。 @10/9(土)
A10/16(土)
2回
50名
4,000円
食の検定協会 代表理事 内田啓祐 他
S002 中国茶の魅力に出会う 4千年の長い歴史、すべてのお茶の原点、心と身体を癒す中国茶。
その種類は何と1000種類以上と言われます。日常では味わえない個性豊かな香りと味、沢山の中国茶の魅力に出会える講座です。 
 お茶にまつわる様々な話や最新情報、グループでの実習等、悠久の世界を是非ご体験下さい。茶葉はすべて1級品を使用。一般の方のみでなくお茶関係の社員研修にもお勧め致します。
@1/22(土)
A1/29(土)
B2/12(土)
C2/19(土)
13:00〜15:00
4回
30名
10,000円
(材料費3,000円含む)
明山茶業(株)
中国政府公認高級評茶員
張 文マ 他
S003 チーズ通になる 人類が作り出した食品の中で、もっとも傑作でかつ栄養的に極めて優れた食品といわれるチーズ、その数は世界中で1000種類を超えます。このチーズの多様性を理解するために、誕生と発展の歴史、種類と分類、基本的な製法、栄養などについて、ビデオ映像、簡単な実験(ナチュラルチーズ製造・プロセスチーズ製造)、チーズの試食(10数種類)をまじえて学びます。 @12/11(土)
A12/18(土)
13:00〜16:10
2回
40名
10,000円
(材料費1,000円含む)
雪印メグミルク株式会社 チーズ研究所 
所長 田中 穂積
主席 佐々木 正弘
S004 新・紅茶を楽しむ豊かな時間 いま日本で注目されている、大人から子供までの食の教育“食育”。
美しい色と温かな香り、深い味を持つ紅茶は、まさに豊かな食の教育にかかせない飲物・・・そんな紅茶の魅力を皆様にご紹介いたします。
第1回目は紅茶生産量世界1位のインドを紹介し、インド風ミルクチャイなど、ミルクを使った紅茶メニューを実習試飲します。第2回目は絵画を見ながら、楽しく英国紅茶の歴史を解説します。最後の第3回目はティータイムに欠かせない陶磁器の種類や歴史をご紹介いたします。
秋は紅茶の美味しい季節です。かつて参加された方も、今回初めて参加される方も、楽しく豊かな午後の紅茶を、ご一緒いたしましょう。
@10/9(土)
A10/16(土)
B10/23(土)
13:00〜15:00
3回
30名
9,000円
日本紅茶協会認定
シニアティーインストラクター
高橋玲子
S005 家庭でできるプロのフルーツ加工 ジャム、マーマレード、フルーツソースなど家庭で作った経験のある方、上手にできましたか。市販品のようなジャムを作ってみたい方、是非本講座を受講して下さい。ジャムを家庭で作ってみたい初心者の方も是非受講して下さい。ジャム作りのプロがレシピや作り方を教えるジャム講座です。 @10/16(土)
A10/23(土)
B11/6(土)
C11/13(土)
13:00〜15:00
4回
15名
15,000円(材料費:3,000円含む)
壽食品工業(株)
研究開発部 杉本 政弘
体験型講座
C020 香りの科学と美学 −いい香りを知る楽しさと創る面白さー 香りをかぐということは、本来は動物として生きていくための重要な感覚として発達したものと考えられています。いま、私たちはおいしく食べるため、あるいは香り自体を楽しむため、香りを大切にしています。森の香りや花の香りもいいものですし、元気が出ます。香りは科学の目で見れば、揮発性の香気物質として化学的な取り扱いをすることができます。科学の目で見た香りを少し学んでみましょう。一方で、香りを美学の心でとらえることもできます。感性の世界です。調香は人間の感性が発揮されなければ成り立たない創造的なものです。この二つのとらえ方を、講師陣による対話形式のトークと調香の実習で楽しみながら深めてみましょう。
後期では教科書著者による洋酒の香りの話を新たに加えます。前期の講義内容をある程度考慮した内容にしますが、後期からの参加でも問題ないように配慮します。
@10/2(土)
A10/9(土)
B11/27(土)
C12/11(土)
D2/19(土)
10:30〜12:30
5回
30名
11,000円
(材料費1,000円含む)
食品香粧学科
教授 藤森 嶺 他
C021 包丁の研ぎ方(切れる包丁で料理を楽しく)  包丁は、切れなくなったら使い手が研いで使用することが原則です。研ぎ方が分からない、研いでみたいが忙しいなど家庭で包丁を研ぐことは難しいことです。この際、研ぎ方を修得して、常に「切れる包丁」を使って料理の幅を広げましょう。
 日頃使っている包丁を1本持参(安全のためタオル等で包む)して下さい。その他、砥石などは当方で準備します。
A 10/2(土)
B 10/4(月)
C 10/9(土)
10:00〜12:00
各1回
各20名
1,500円
教職・学術情報課程
准教授 星野欣也
C022 自分のお箸を作る -小刀でヒノキを削って- 食事に欠かせないお箸、自分の手に合わせて長さを測り、ヒノキ棒から箸一膳を削って作ります。替え刃式小刀と二膳分の材料を支給します。計測、安全な削り方などを説明した後に作業をして完成させます。簡素な白木の箸は、食品が滑りにくく軽量で使いやすいものです。小刀と材料を持ち帰り、自宅でもう一膳作れます。その後は、自ら好みの木材を入手して箸削りが可能です。My箸を使ってエコな生活をしましょう。 A 10/2(土)
B 10/4(月)
C 10/9(土)
14:00〜16:00
各1回
各20名
2,000円
(材料費1,000円含む)
教職・学術情報課程
准教授 星野欣也
C023 トランポリンで爽快フィットネス!  北京オリンピックでも注目された「トランポリン」を楽しみながら、ご自身の目的に応じたフィットネス(健康・体力づくり)を行います。簡単な技、例えば、脚で軽やかに跳躍するだけでなく、トランポリンならではの尻・腹・背中で着くことで全身を無理なく心地よく動かし、気になる部分を引き締めます。初心者や運動の苦手な方でも楽しめるように丁寧に指導します。 @10/7(木)
A10/14(木)
B10/21(木)
C11/4(木)
D11/11(木)
14:00〜16:00
5回
30名
6,000円
地域環境科学部
准教授 上岡洋晴 他
C024 インド古武術で身体と会話しよう  身体は、何をするにも必要な資本の原点です。東洋武術の起源とも言われるインド伝統武術・カラリパヤットゥを通して、身体の『ナーディ=気・神経』の流れを良くし活性化させます。普段使わない筋肉を目覚めさせ、インナーマッスルを強化すると共に身体の可能性や効率の良い動きを体験しましょう。また、バランスが取れた身体には、安定した精神が宿ってきます。練習は、辛くなったらすぐ休むのが基本。無理せず、各人の状態に従い進めます。運動経験不問。 @10/9(土)
A10/23(土)
B11/13(土)
C11/27(土)
D12/11(土)
E12/18(土)
F1/8(土)
G1/22(土)
9:00〜10:30
8回
15名
16,000円
生物応用化学科
教授 高野 克己 他
農大教養
C036 英語で学ぶ楽しいトピックス 次のような楽しいトピックスを読んでいきます。美空ひばりは戦後、国民の心の渇きを癒し、人々を大いに勇気づけました。荒川静香はトリノ冬季五輪フィギュアスケートでアジア初の金メダリストになりました。櫻井よしこはジャーナリストとして現代日本で一番輝いている女性です。平泉は世界歴史遺産の登録を目指しています。本文のリスニングや練習問題もやります。
@10/4(月)
A10/18(月)
B10/25(月)
C11/8(月)
16:20〜17:50
4回
20名
8,000円
国際食料情報学部教養分野
教授 千葉 剛
C037 農大★造園の建学者に学ぶ
農大造園[NODAI★ZOEN]講座
今年創立119年を迎える東京農大、そして86年目の農大造園。造園の卒業生だけでも1万人余りを数えます。この間、現代造園学は時代と共に発展し、庭から緑のまちづくり、そして自然と共生する地域環境計画へとその領域を広めてきました。この講義シリーズは東京農大と農大造園の原点、創設に関わった先生方の建学思想・環境思想を学び直す企画です。農大創設者、初代学長、そして農大造園の前身・東京高等造園学校の創設メンバーに焦点をあて学びます。 @9/21(火)
A10/19(火)
B11/16(火)
C12/14(火)
D1/18(火)
18:30〜20:30
5回
100名
10,000円
(農大卒業生6,000円)
造園科学科
教授 鈴木 誠 他
C038 庭園墨戯 〜書を楽しみ・墨と戯れ・庭に遊ぶ
農大造園[NODAI★ZOEN]講座
庭園に秋を見つけてみましょう。
この講座では、専門家による説明を聞きながら庭園散策をし、そこで心に感じた文字を、墨(書道)で表現し、最後はオリジナルの色紙をつくります。庭園見学では、感性で山水・林泉を見つめ・考え、庭園の奥深さを学びます。そこで感じたもの、例えば、光、風、空、色づく木々など、感じた心のままを文字に表します。また、庭園石碑文の拓本制作を試みます。外国人の方も歓迎です。
@11/4(木)
A11/11(木)
B11/18(木)
C11/25(木)
14:00〜16:00
4回
20名
15,000円 
(教材費3,000円含む)
造園科学科
教授 鈴木 誠 他
C039 女性の活躍と日本農業 女性は、農業就業人口の過半を占め、全国各地の農業振興を支えています。本講座では、実践者・指導者・研究者等の多角的な視点から、日本農業における女性の活躍の実態や、それを取り巻く課題を浮き彫りにします。また、起業活動・家族経営協定等といった農業農村の男女共同参画を促進する取り組みの意義を論じます。男女を問わず、農業の担い手問題に興味のある方や、新規就農を目指す方はもとより、農業分野の女性と同様の課題を抱える自営の商工業者や専業主婦の方々にも多分に参考になる内容と考えています。 @11/11(木)
A11/18(木)
B11/25(木)
C12/2(木)
18:20〜19:50
4回
20名
8,000円
食料環境経済学科
准教授 五條 満義 他
参加協働型講座
C025 富士金山の里の地域づくり 静岡県富士宮市麓地区は、戦国時代に始まる富士金山の里です。農大富士農場があり、富士山麓でも有数の富岳の撮影スポットです。東海自然歩道が通り、朝霧高原一帯の自然や歴史、文化にふれあうことができます。地域の方々や行政の方々、地域で活動する方々などと共に地域を巡り、魅力や課題を実感し、考え、行動に移すことで、地域づくりに貢献する参加協働型講座です。楽しみながら実践するのがモットーです。 10/14(木)
18:30〜20:00
A10/16(土)〜17(日)
B11/6(土)〜7(日)
座学
1回
体験
1泊2日
各20名
一般9,000円
学生4,500円
造園科学科
教授 麻生 恵 他
C026 静岡・安倍川源流での地元密着型間伐体験+安倍川源流紅葉散策 安倍川最上流梅ヶ島地域は茶業・林業・温泉観光業が主な産業。林業作業の一つ「間伐」を体験し、過疎高齢化の地域再生について参加者と地元の方々と一緒に考えます。夜は地元の方々との交流会にて地域の林業・生活を実感。翌日は安倍川源流のオオイタヤメイゲツ(カエデ属)を中心とした紅葉の森を散策。秋の梅ヶ島を目・肌・舌で堪能します。宿は露天ぶろと料理が自慢の民宿志むら 10/21(木)
18:30〜20:00
10/30(土)〜31(日)
座学
1回
体験
1泊2日
20名
一般 17,000円
学生14,000円
造園科学科
教授 麻生 恵 他
C027 鮫川村・里山まるごと体験学校(秋・冬編) 阿武隈高原の中山間地域に位置する福島県鮫川村には、田んぼと山林に囲まれた自然豊かな美しい里山の景観が数多く見られます。ところが近年農林業の兼業化や高齢化に伴い労働時間が不足し、休耕田や管理放棄された山林が目立ち里山の景観の荒廃が見られはじめています。
そこで東京近辺の都市在住者と地元の農家の方々との協同により、里山の景観を保全・創造し、自然環境を生かした地域づくりを目指して楽しみながら活動を行っています。今回の秋・冬の体験講座では、稲刈り、雑木林間伐、落ち葉掃き、炭焼き、餅つき、こんにゃく作り、わら細工づくりなどを行う予定です。
9/30 (木)
18:30〜20:00
A10/2(土)〜3(日)
B12/18(土)〜19(日)
座学
1回
体験
1泊2日
各20名

一般20,000円
中高大学生18,000円
小学生16,000円
環境緑地学科
講師 入江 彰昭 他
C011 沖縄県宮古島の自然・文化と農業体験(冬編)  美しい南国の自然とサトウキビ、そして琉球文化の島。沖縄県宮古島にある本学国際食料情報学部の亜熱帯農場を訪ねて農業体験をしてみませんか。農場では資源・環境保全との共生の糸口を求め、持続可能な開発のための秘策を探る研究を続けています。
農場でのサトウキビ収穫と黒糖作り、ヤムイモの収穫や、地下ダムとマングローブ見学、宮古のおばあに教わる島野菜料理など、宮古島ならではの体験型講座です。
@1/22(土)
13:00〜15:15
A1/28(金)
B1/29(土)
C1/30(日)
2泊3日
座学
1回
体験
2泊3日
10名
8万円
(旅費・宿泊費・朝食含む)
国際農業開発学科
教授 板垣 啓四郎 他
C015 世田谷の身近な自然に親しむ散策 現在、身近な自然を活用した健康増進への関心が高まっています。
そこで本講座では、世田谷の身近な公園、神社、お寺、遺跡などを散策し、身近な自然の再発見と日常生活における休養を再考してみます。
特に日頃おつかれの方々のご参加もお待ちしています。
@11/27(土)
A12/11(土)
B12/18(土)
10:00〜12:00
3回
20名
3,000円
森林総合科学科 
准教授 上原 巌
C017 里山風景ウォッチング−多摩丘陵フットパスを歩く− 町田市北部から相模原市西北部に広がる多摩丘陵には、昔ながらの里山風景が今もなお良好な状態で残されています。また、そこでは市民グループにより里山風景を巡る散策歩道「多摩丘陵フットパス」が整備されています。今回は、この地域の自然や景観に詳しい松本清氏と一緒に、2つのコースを訪ねます。丘陵地特有の谷戸の景観、尾根から眺望、随所にちりばめられた歴史や文化の香り高い施設をめぐります。各コースとも紅葉が楽しめそうです。 11/18(木)
18:30〜20:00
A11/20(土)、B11/23(火)
各2回
各20名
2,000円
造園科学科 
教授 麻生 恵 他
C018 立地環境と樹木の成長及び樹形の読み方 基本的に樹木はひとたび定着すると自分では変えることができず、その環境に適応して成長します。厳しい寒さ、乾燥、食害する動物等が来ても逃げることはできず、その場所で生き続けなければなりません。ゆえに樹木は、環境条件や病気、傷等に敏感に反応して、その時々で与えられた条件に最も適応しようとします。そして、その適応した姿は樹形となって現れます。
本講座では、植物が立地環境やその変化に対してどのように適応し、どのような樹形を示すか、さらに樹形を読み解くことによってどのようなことが解るか等について解説します。
@10/16(土)
A10/23(土)
B11/6(土)
C11/13(土)
D11/27(土)
E12/4(土)
13:00〜16:00
6回
50名
18,000円
環境緑地学科  
非常勤講師 堀 大才 他
C019 樹木の立地環境の調査法 樹木の生育環境としての立地は樹木の生育の良し悪しを決定し、環境緑化の当初の目的を達成できるか否かを決定します。良い立地条件であれば樹木は順調に生育しますが、不良な立地条件であれば多くが枯損したり停滞したりします。そこで、樹木にとって良い立地条件、あるいは不良な条件とはどのようなものか、不良な条件を改善するにはどのような方法があるか、不良な条件の場所ではどのように樹種を選択するか等について考察します。 @1/29(土)
A2/12(土)
B2/19(土)
C2/26(土)
D3/5(土)
13:00〜16:00
5回
50名
15,000円
環境緑地学科  
非常勤講師 堀 大才 他


 

「食と農」の博物館で開催される講座

講座名
講座内容
開催日
回数
定員
受講料
講師
子どもチャレンジ教室
C033 生物多様性と進化ってスゴイ! 2010年は国連が定めた国際生物多様性年。そして2010年10月には190以上の国と地域が加盟している、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が愛知・名古屋で開催!
(財)進化生物学研究所が世界で集めた標本と、生きている様々な動物・植物のコレクションを実際に見て触れながら、生物多様性と進化について楽しく学びましょう!生き物の不思議や魅力に直接ふれることで、新しい発見やおどろきが待っています!お土産もありますのでお楽しみに!
A11/13(土)
B1/22(土)
C2/19(土)
10:30〜12:00
各1回
各20名
各2,000円
(財)進化生物学研究所
研究員 蝦名 元他

 

厚木キャンパスで開講される講座

講座名
講座内容
開催日
回数
定員
受講料
講師
食育講座
C002 安全で美味しい畜肉加工品をつくろう 畜肉製品の歴史と大学レベルのハムソーセージの製造理論をわかりやすく解説して理解頂いた後、添加物の使用を極力抑えた美味しい肉製品を、原料の成形から塩漬、燻煙、ボイルまで最高の畜肉加工技術を持つ職人の指導のもと丹念に、手間をかけてつくっていきます。今回は受講者の皆様に好評だった、肉の旨みが凝集した粗挽きウインナーと本格的ベーコンをつくって頂きます。 @10/2(土)
A10/9(土)
B11/6(土)
C11/13(土)
10:00〜14:00
4回 20名 18,000円
(材料費6,000円含む)
畜産学科
教授 鈴木敏郎 他
体験型講座
C012 私たちの生活を支える作物の話(秋冬編) 私たちの生活を支えてくれる作物は、様々な種類があります。収穫の秋を迎え、「トウモロコシ」「お米」「イモ」「コンニャク」「ゴマ」「サトウキビ」などを取り上げ、実習・食味試験・講義を通して、多面的に理解していただきます。 @10/2(土)
A10/23(土)
B11/6(土)
C11/13(土)
D11/27(土)
E12/4(土)
F12/11(土)
13:30〜16:00
7回 30名 10,000円
(材料費3,000円含む)
農学科
准教授 平野  繁 他

 


オホーツクキャンパスで開講される講座

 

 

その他会場で開催される講座

講座名
講座内容
開催日
回数
定員
受講料
講師
環境体験学習
C034 多摩川源流大学 〜猟犬マリと春の多摩川源流の森を歩く〜 猟犬マリに導かれながら、多摩川源流の森を歩きませんか?途中、動物撮影調査を実施している無人カメラを点検します。登山道を歩きますが、猟犬マリちゃんの腕(足)次第で動物が見られるかも!! ワクワクドキドキの山歩きです。徒歩時間4時間程度です。山歩き後は、ゆっくりと小菅の湯で疲れを癒して帰路につきます。 A10/13(水)
B10/19(火)
C11/15(月)
D11/18(木)
各1回 各9名 一般10,000円
小・中・高・大学生8,000円
森林総合科学科
教授 宮林 茂幸 他
C035 多摩川源流大学 〜猟師と一緒に山歩き〜 多摩川の源流にある小菅村には「鉄砲ぶち」と呼ばれる猟師の方がいます。この猟師の方と一緒に山を歩き、猟師独特の山の見方や知恵を体験してみませんか?
 また、夜には村で獲れた獲物の肉を試食しながら、長年猟師をやっている方を講師に招き交流会を行なう予定です。山歩きが始めての方でも歩きやすい道を選びますのでご安心して参加下さい。
1/21(土)〜22(日)  1泊2日 20名 保護者18,000円、小・中・高生10,000円 森林総合科学科
教授 宮林 茂幸 他
食育講座
C007 世界でひとつ、醤油の櫂入れツアー 〜しょうゆの諸味が醸す香を纏い、しょうゆ蔵、酒蔵、蒸溜所を巡る〜 静岡県内のしょうゆ蔵、酒蔵、ウイスキー蒸溜所を訪ね、しょうゆ諸味を櫂入れし、車内講座で醸造を学びます。 11/13(土)
8:30〜18:40
1回 45名 10,000円 醸造科学科 
講師 東 和男
C009 三河みりんと白醤油の里、醸造の町、碧南をたずねて 三河みりんの産地で、白醤油の発祥の地で産地でもある、碧南をたずねて見ませんか?碧南は、みりん屋4軒、白醤油屋3軒、造り酒屋2軒、味噌屋1軒、たまり醤油屋1軒があり、まさに醸造の町です。
今回は、造り酒屋、みりん屋、白醤油屋を各1軒訪問し、清酒、みりん、白醤油についての正しい知識を得るとともに、醸造物の素晴らしさを体感して下さい。
2/26(土)〜27( 日) 1泊2日 20名 25,000円 醸造学科
教授 舘 博 他
C010 穂坂先生と行く甲州・信州蔵元探訪 「食と農」の博物館2階「卒業生の蔵元紹介コーナー」に展示の蔵元より、山梨・長野県内の卒業生の蔵元3〜4社を選択し、仕込みの特徴と新酒の関係について学びます。また、前期講座で培った知識を元に自分好みの銘酒を穂坂先生の案内で探すバスツアーを開講します。 1/29(土)〜30( 日) 1泊2日 40名 25,000円 醸造学科
教授 穂坂 賢 他
体験型講座
C014 紅葉の北アルプス白馬山麓の植物を訪ねてパート3 北アルプス白馬山麓の植物を訪ねてパート1、2に引き続きパート3では栂池湿原、八方尾根を訪ね、紅葉に染まった湿原、秋の終わりを告げるエゾリンドウの花など楽しもうと思います。
白馬山麓八方口ペンションにて2泊し、周辺地域の植物探索を行います。また、天候により探索場所の変更がございます。
なお、この講座は植物探索を行うもので、多少の山登りもございますが、ハイキングの範囲でお楽しみいただけます。
10/9(金)〜11日(月) 2泊3日 19名 31,000円
(2泊6食付、材料費1,000円含む)
バイオサイエンス学科
非常勤講師 桝田 信彌 他
C016 都市近郊における里地里山で秋の恵みに出会う 平塚市西部、吉沢地区内の『湘南ひらつか・ゆるぎ地区』には、農地と山林に囲まれた豊かな自然環境と富士山、大山、江ノ島を見渡せる優れた景観を有する都市近郊の里地里山が存しています。
今回、地元の方々との協働により、この里地里山を巡り、視覚と味覚で秋の恵みを楽しもうと思います。
この活動を通じて、都市近郊の里山の価値を実感し、その価値を活かした地域づくりについて一緒に考える講座です。
10/11(月)
13:00〜17:00
1回 15名 2,000円 造園科学科 
教授 麻生 恵 他
富士農場
C013 ウシといっしょに! 〜富士の麓の牧場体験〜 牧場は、安全・安心を心がけて食生活に欠かすことの出来ない牛乳、タマゴ、肉(牛・豚・鶏)などの食材を提供できるように家畜の飼育を行っています。毎日、同じような作業ですが、毎日がとても新鮮です。家畜と触れあい、家畜から教わる。家畜たちに囲まれた生産現場をあなたも体験してみませんか?
愛情をいっぱい注がれた家畜たちが皆さんのおいでをお待ちしています。
※講座内容は2回とも同様ですので、ご都合の良い日程にお申し込み下さい。
A10/2(土)〜3日(日)
B10/9(土)〜10日(日)
1泊2日 各15名 10,000円 富士農場
准教授 野口 龍生 他

 

 

 

 

メトロガイド

お気楽温泉ブログ スーパー銭湯特集へジャンプします

広告

講座情報は変更になる場合もあります。詳細については大学へお問い合わせください

bg

大学関係者の皆様へ:講座情報受付中です。こちらよりお進み下さい

広告

bg


大学関係者の皆様へ
 広告出稿のご案内  免責事項  広告掲載・会社案内  このサイトはリンクフリーです

↑このページのトップへ

   copyright (c) 2018 M&S Communications Co. Inc.,