社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >
全データー(5105件)中、[全項目]「文化・教養-日本史/日本文学」を含むもの(446件) を登録順表示

公開講座.comの特徴はこちらをご覧ください

広告




[ NEXT>> ]

学習院さくらアカデミー[大学のページへ]
キャンパス名 )
目白キャンパス
最寄駅 )
JR山手線目白駅

講座名) 三島由紀夫と学習院 B日程
講座詳細) 講座番号G03
三島由紀夫(1925-70)は初等科から高等科までを学習 院で過ごしました。本講座では、今春に国外(フランス) で初めて三島由紀夫を紹介した展覧会の様子とともに 「三島由紀夫と学習院」についてお話します。講義の後、 『春の雪』で描かれた建物を中心に歩き、三島の青春時代 を辿ります。最後に三島が読書にいそしんだ図書館(現 史料館)で〈小説家〉としての萌芽が見られる初等科雑誌 「小ざくら」や同人誌「赤絵」、直筆書簡などの資料をお見 せします。
講師名) 冨田ゆり 学習院大学史料館学芸員

丸山美季 学習院大学史料館学芸員
受講料) 1620円 入学金等)   教材費)  
開始日) 12/02
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 日曜 回数) 01

実践女子大学・日野キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
日野キャンパス
最寄駅 )
日野駅より徒歩約12分

講座名) 古文書で読みとく江戸の町 (初級コース)
講座詳細) 講座コード:1290122  古文書の勉強をはじめたばかりの人を対象に古文書の読み方、調べ方の基礎を学びます。字のくずし方をはじめ、古文書特有の表現について一つ一つ丁寧に勉強していきます。古文書解読字典の使い方についても実践的に学びます。
 テキストには、江戸の町触を使います。主として老中松平定信が活躍した寛政改革期の町触を見ていきます。町触には人々の生活を規制するものというイメージがありますが、その内容は様々で、商人や職人のくらし、町の年中行事、町名主たちの職務などがわかります。古文書を読みときながら、町のくらしの諸相を明らかにしていきます。
講師名) 岩橋 清美
(いわはし きよみ)
法政大学非常勤講師
受講料) 10800円 入学金等)   教材費)  
開始日) 12/15〜02/09
開始時間) 10:30〜12:00
曜日) 土曜日 回数) 5回

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)[大学のページへ]
キャンパス名 )
聖徳大学キャンパス
最寄駅 )
JR松戸駅

講座名) 【文学・歴史】 璽(じ)とは何だったのか
講座詳細) 天皇即位に際して、天皇であることのシンボルとして「剣璽(けんじ)」が新天皇に渡されます。三種の神器のうち、「剣」は天(あめの)叢(むら)雲(くもの)剣(つるぎ)、「璽」は八尺瓊(やさかにの)勾玉(まがたま)といわれます。しかし、「璽」本来の意味は玉(ぎょく)で作った「印」のことで、神器も初期は鏡と剣で、勾玉は含まれませんでした。5世紀ごろから平安時代に至る「璽」の複雑な変遷を考えます。
講師名)  
受講料) 1550円 入学金等)   教材費)  
開始日) 12/21
開始時間) 13:00〜15:00
曜日) 金曜 回数) 01

実践女子大学・渋谷キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
渋谷キャンパス
最寄駅 )
渋谷駅南改札より徒歩約12分

講座名) 額田王の歌と生涯
講座詳細) 講座コード:1280102 額田王は、『日本書紀』によれば天武天皇(大海人皇子)の最初の妻となった女性です。ところが『万葉集』には天智天皇を思う歌をのこし、大海人皇子からは「紫の匂へる妹を憎くあらば人妻故に我恋ひめやも」(紫のように美しいあなたが憎かったら、人妻と知りながら恋い焦がれたりしようか)という歌を贈られています。ここから、額田王には天智天皇・天武天皇という兄弟の間で愛に悩む美女というイメージが形成されて来ました。
 本講座では、額田王の歌を読み進めながら、その虚像と実像について考えてみたいと思います。
講師名)  
受講料) 4860円 入学金等)   教材費)  
開始日) 01/21〜02/04
開始時間) 13:30〜15:00
曜日) 月曜日 回数) 3回

実践女子大学・日野キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
日野キャンパス
最寄駅 )
日野駅より徒歩約12分

講座名) ここだけの『枕草子』 ―日記的章段を読む「頭弁の職にまゐりたまひて」―[入会金不要]
講座詳細) 講座コード:1290114  『枕草子』は平安時代中期、一条天皇の皇后定子に仕えた女房である清少納言が記した随筆文学の傑作です。そのみずみずしい感性と鋭い観察眼は、読む者の心を掴んで離しません。冒頭「春はあけぼの」の章段は、学校教育などであまりに有名ですが、この作品には他にも美しいことばと、楽しいエピソードがあふれています。千年前に書かれたことが信じられないほど、現代にも繋がる内容です。これほど「わかる、わかる」とうなずき、共感しながら読める古典作品は、他にないのではないでしょうか。本講座を通して、『枕草子』に出会い、清少納言からの時空を超えた「ことばの花束」を是非受け取っていただきたいと思います。なお、古典文法の知識などは特に必要ありません。
講師名) 久保 貴子
(くぼ たかこ)
実践女子大学下田歌子記念女性総合研究所専任研究員
受講料) 2700円 入学金等)   教材費)  
開始日) 01/24
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 木曜日 回数) 01

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)[大学のページへ]
キャンパス名 )
聖徳大学キャンパス
最寄駅 )
JR松戸駅

講座名) 基本が学べる四季の和食講座
講座詳細) 和食は無形文化遺産に認められました。SOA開校時以来の講座として多くの方々が学ばれております。 季節感を大切にし、伝統的な日本料理を習得し、素材の活かし方に工夫をして、365日役立つ講座です。 ・宝づくしの茶碗蒸し、汁物、野菜の炊き合わせ、 かにの黄身酢和え ・建長寿汁、湯葉の煮物、三色丼、かき揚げ、鉄砲和え ・炊き込みご飯、清汁、魚の酢の物、厚焼き卵 ・潮汁、鶏もも肉竜田揚げ、ふろふき大根、揚物、山吹き和え ・ちらし寿司、揚物、汁物、お弁当に役立つ料理、焼き物 ※上記の内容は参考です。
講師名)  
受講料) 11700円 入学金等)   教材費)  
開始日) 01/25〜3/22
開始時間) 10:00〜12:30
曜日) 金曜 回数) 3回

文化服装学院[大学のページへ]
キャンパス名 )
新宿キャンパス
最寄駅 )
新宿駅

講座名) 江戸庶民の心意気”洒落デザイン”から教わる
講座詳細) “言葉あそび”や“文様”を通して現代をデザインする

江戸の三大改革である「天保の改革」の豪奢禁止令により禁じられた贅沢な衣装が、庶民の知恵と工夫により発達した江戸小紋。縁起がいいとされる動植物などを描いた吉祥文様や、洒落や語呂合わせを楽しむ判じ文様。意匠に込められた意味や時代背景、モチーフになったものなどの解説を通して、庶民の暮らしや遊び心を学びます。身近なモチーフや文字から、現代の洒落っけを表現しましょう。
●画材など
講師名) 小鍛冶 博
伝統文様研究家
受講料) 7000円 入学金等) 5000 教材費)  
開始日) 01/28〜02/04
開始時間) 13:45〜16:15
曜日) 月曜 回数) 2回

実践女子大学・日野キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
日野キャンパス
最寄駅 )
日野駅より徒歩約12分

講座名) ようこそ『紫式部日記』の世界へ ―紫式部は見た!宮廷女房生活の真相―
講座詳細) 講座コード:1290116 『紫式部日記』は、ご存知『源氏物語』の作者が記した一条朝の女房日記です。『源氏物語』を読む上でも、必読の書といわれる『紫式部日記』には、中宮彰子に仕えた紫式部の喜びや悲しみ、苦悩や女房としての生活が赤裸々に記されています。また、清少納言など他の女房を批評した部分も興趣尽きません。この作品を精読しながら『源氏物語』の作者・紫式部の素顔を探ってみましょう。
 豊潤な原文を味わいながら鑑賞しますが、初めて古典文学に接する方にも解りやすい解説を心がけます。なお、古典文法の知識などは特に必要ありません。
講師名) 久保 貴子
(くぼ たかこ)
実践女子大学下田歌子記念女性総合研究所専任研究員
受講料) 6480円 入学金等)   教材費)  
開始日) 01/29〜02/12
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜日 回数) 3回

明治大学・駿河台キャンパス 
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) 『18120014』 続日本紀を読む 新V
聖武天皇と東大寺における大仏造立
講座詳細)  
講師名) 吉村 武彦
受講料)   入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 04/17〜/01/22
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 火曜 回数) 16

明治大学・駿河台キャンパス 
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) 『18120009』 古代学研究の最前線 XIV
講座詳細)  
講師名) 吉村 武彦 他
受講料)   入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 04/24〜/01/22
開始時間) 18:30〜20:00
曜日) 火曜 回数) 16

明治大学・駿河台キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) 俳句大学(駿河台夜間クラス)
講座詳細) 講座番号18220036
講師名) 西山 春文明治大学商学部教授・「狩」同人・俳人協会幹事・日本文藝家協会会員
受講料) 17600円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 09/20〜01/31
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 木曜 回数) 8回

明治大学・駿河台キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) 俳句大学(上級クラス)
講座詳細) 講座番号18220035
講師名) 西山 春文明治大学商学部教授・「狩」同人・俳人協会幹事・日本文藝家協会会員
受講料) 22400円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 09/20〜01/31
開始時間) 15:30〜17:30
曜日) 木曜 回数) 8回

明治大学・和泉キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
和泉キャンパス
最寄駅 )
 

講座名) 俳句大学(和泉夜間クラス)
講座詳細) 講座番号18220037
講師名) 西山 春文明治大学商学部教授・「狩」同人・俳人協会幹事・日本文藝家協会会員
受講料) 17600円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 09/24〜01/21
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 月曜 回数) 8回

明治大学・駿河台キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) はじめての『風土記』
講座詳細) 講座番号18220010
シリーズ2 ? 神々の大地 ?
講師名) 水谷 類元明治大学文学部兼任講師
受講料) 20000円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 09/28〜01/11
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 金曜 回数) 8回

明治大学・中野キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
中野キャンパス
最寄駅 )
 

講座名) 【中野区立図書館連携講座】日本再発見
講座詳細) 講座番号18270036
〜世界遺産で知る日本の独自性〜
講師名) 佐藤 郁コーディネータ・明治大学国際日本学部専任講師
受講料) 受講料無料 入学金等)   教材費)  
開始日) 02/23
開始時間) 14:00〜15:30
曜日) 土曜 回数) 01

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) 国文学者岡野弘彦先生の古典文学と和歌
講座詳細) 京の都から伊勢とは未知の土地、東国の入口でした。平安の人々にとって、大きな神霊の鎮まる伊勢に詣でるとは、旅情豊かな憧れの的でした。その地を舞台に、貴族としての優美さを備えた在原業平が旅をして、斎宮との情熱的な恋を歌う、『伊勢物語』。物語と歌とを丁寧にたどって、そのこころに近づきたいと思います。
講師名) 岡野 弘彦
国文学者
受講料) 3500円 入学金等)   教材費)  
開始日) 03/29
開始時間) 13:30〜15:00
曜日) 金曜日 回数) 01

中央大学・市ヶ谷キャンパス 
キャンパス名 )
駿河台・市ヶ谷
最寄駅 )
 

講座名) 万葉集を読む
講座詳細) 講座番号12411
今年度も引き続き万葉集を精読してゆきます。今年度も巻三を中心に読みます。
作品の年代からすると、藤原京から奈良時代の歌が中心となります。古代国家の成立という未曾有の変化に直面した時代、ということになります。その時代に、人びとがどのように生き、何を感じ、どう表現したか、それを考えたいと思います。
万葉集は、それ自体の中に、歌う歌から書く歌へ、 という一回的な変化の歴史を留めています。年次を追って配列された歌を読み解くことは、 万葉集が紡ぎ出した歌の歴史をたどり直すことでもあります。
それはまた、現代と同様、あるいはそれ以上に変化の大きい時代にあって、異国の言葉を記す漢字と出会うことにより、古代の人びとがどのようにして自分たちの表現を立ち上げていったか、という問題に向き合うことでもあります。
歌が詠まれた時代と、それを万葉集がどのように位置づけたか、そういう点に留意しながら、読み進めたいと思います。
春期8回 4/1〜7/17 ◆受講料 19800円 秋期8回 9/18〜12/18 ◆受講料 19800円
講師名) 岩下 武彦 中央大学名誉教授
受講料) 19800円 入学金等)   教材費)  
開始日) 04/01〜07/17
開始時間) 15:00〜16:30
曜日) 火曜 回数) 春期8回

文京学院大学 
キャンパス名 )
本郷キャンパス
最寄駅 )
南北線・東大前

講座名) 文京「教養塾」 明治維新150年記念講座 ・明治維新と明治天皇 〜その成長の軌跡 NEW
講座詳細)  
講師名) 坂本 一登
受講料) 3000円 入学金等) 3000円 教材費)  
開始日) 04/02〜04/28
開始時間)  
曜日) 土曜 回数) 2回

明治大学・駿河台キャンパス 
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) 『18120020』 『大和物語』を楽しむ
講座詳細)  
講師名) 山口 佳紀 他
受講料)   入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 04/06〜09/21
開始時間) 10:30〜12:00
曜日) 金曜 回数) 10

首都大学東京・飯田橋キャンパス 
キャンパス名 )
飯田橋キャンパス
最寄駅 )
飯田橋

講座名) 「江戸宇宙」の世界来日外国人の記録が教える幕末
講座詳細) 1811T002幕末から大勢の西洋人が日本に来て、多くの見聞録や日記を残しました。
「特筆すべきこと」だったから書き残したのです。我々の常識とは異なり、江戸時代の庶民には、自由があり、権利があったと記されています。
当時のヨーロッパと比べての話ということです。これはどういうことなのでしょうか。
また、欧米とは異質な「礼節の文明」があり、質素であることが貴ばれました。
現代人はもはや忘れてしまった価値観が当時にはあり、それに学ぶものがあります。
この講座では、そうした外国人の日記などを手掛かりに、江戸人の価値観に迫ってみたいと思います。
講師名) 桐山 桂一(きりやま けいいち)
中日新聞・東京新聞 論説委員
受講料) 10000円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 04/07〜05/26
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 土曜 回数)  



[ NEXT>> ]

(1/23)


  

広告
講座登録募集中 メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか お気楽温泉ブログ お気楽温泉.com

広告

そんないプロジェクト