社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >
全データー(4737件)中、[全項目]「文化・教養-宗教/哲学/倫理学」を含むもの(108件) を登録順表示

公開講座.comの特徴はこちらをご覧ください

広告




[ NEXT>> ]

明治大学・駿河台キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) 石仏が語る信仰と歴史
講座詳細) 講座番号18220001
―路傍の石仏の見方入門―
講師名) 川野 明正コーディネータ、明治大学法学部教授、大学院教養デザイン研究科教授
受講料) 12500円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 10/01〜12/03
開始時間) 10:30〜12:00
曜日) 月曜 回数) 全5回

國學院大學・渋谷キャンパス 
キャンパス名 )
渋谷キャンパス
最寄駅 )
渋谷駅

講座名) 19 民俗学からみる日本の神々と祭り(後期)
講座詳細)  國學院大學は日本民俗学を創始した柳田國男とその学問をよく理解し協力して本学に民俗学の講座を開設した折口信夫という二人の巨人が教授を勤めた大学です。その二人がもっとも大きな研究関心を抱いたのは日本の神々と祭りについてでした。そんな偉大な先人には遠く及ぶべくもありませんが、その民俗学の観点から今回は、日本の神社祭祀中心である伊勢神宮と出雲大社の創建と祭祀という問題について考えてみたいと思います。
講師名) 國學院大學教授・博士(社会学)
新谷尚紀
受講料) 10000円 入学金等) 5000 教材費)  
開始日) 10/03〜11/28
開始時間) 14:30〜16:00
曜日) 水曜 回数) 5

東洋英和女学院大学[大学のページへ]
キャンパス名 )
横浜キャンパス
最寄駅 )
 

講座名) ギリシア語で聖書を読む
講座詳細) 講座番号:108
 この講座では、聖書(新約聖書)を、その原語であるコイネーギリシア語で読んでいきます。聖書を原語で読むと、日本語訳ではわからない独特なニュアンスが理解できるようになります。  
今年度は昨年度に引き続き、『使徒言行録』を読み進めていきます。?

講座内容:年度完結
講師名) 島 創平
受講料) 20000円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/03〜12/12
開始時間) 13:10〜14:40
曜日) 水曜 回数)  

上智大学 
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
 

講座名) 日本の宗教と思想 ―キリスト教と日本人の心
講座詳細) 講座番号2128
聖書の和訳、典礼・讃美歌の日本語と「言霊」の問題に始まり、内村鑑三、岩 下壮一などの先人の福音宣教と社会的実践から学びつつ、キリスト教と日 本人の心の問題を考えます。
講師名) [講師] 上智大学名誉教授 田中 裕
受講料) 21600 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/04〜11/22
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 木曜 回数) 8回

上智大学 
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
 

講座名) 古代キリスト教教義の形成と展開  −ニカイアからカルケドンへ−
講座詳細) 講座番号2121
新約聖書以降の時代は(教会)教父の時代と呼ばれ、キリスト教神学の基礎が 定まり、これを前提として古代公会議において、キリスト論および三位一体論の 教義が確定した。本講においては、主要な教父に始まり、ニカイア公会議からカ ルケドン公会議へ至るキリスト論教義の発展と展開を扱う。
講師名) [講師] 上智大学名誉教授 岩島 忠彦
受講料) 21600 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/05〜12/07
開始時間) 18:45〜20:15
曜日) 金曜 回数) 8回

明治大学・和泉キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
和泉キャンパス
最寄駅 )
 

講座名) 神社と祭りの日本精神史
講座詳細) 講座番号18270030
講師名) 水谷 類元明治大学文学部兼任講師
受講料) 8000円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 10/06
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 土曜 回数) 全8回

上智大学 
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
 

講座名) 原点から考える現代イスラーム問題 −対立と共存の背景を考える−
講座詳細) 講座番号2136
イスラームが誕生した背景から説 き起こし、イスラームの繁栄と平和 的な共存の実態、それが現在のよ うな諸問題と関わるようになって いった状況について、歴史・教義・ 政治の原点から再考してみたいと 思います。
講師名) [講師]上智大学名誉教授 私市 正年
受講料) 16200 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/10〜11/21
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 水曜 回数) 6回

学習院さくらアカデミー[大学のページへ]
キャンパス名 )
目白キャンパス
最寄駅 )
JR山手線目白駅

講座名) 英語でひもとく旧約・新約聖書 IV?イエス・キリストの生涯(2)
講座詳細) 講座番号63
今期は、春期に引き続き、英語聖書によりイエス・キリストの生涯を辿り、その中でキリスト教の基本事項を学んでいきます。実際の舞台であるイスラエルの映像や関連の絵画作品も楽しみながら、西洋文化の根底にあるキリスト教の知識を高めましょう。日本語聖書も参照しますので、英語に自信の無い方も心配無用です。春期からの継続ですが、今期からの参加でも全く問題はありません。(イエスの生涯については今期で終了となります。)ご一緒に英語聖書を紐解いてみませんか。
講師名) 水谷利美  学習院大学・学習院女子大学講師
受講料) 16200円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/13〜12/08
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 土曜 回数) 全5回

学習院さくらアカデミー[大学のページへ]
キャンパス名 )
目白キャンパス
最寄駅 )
JR山手線目白駅

講座名) 日本人と神道?〈マツリ〉からみた神道
講座詳細) 講座番号9
マツリ(祭祀・祭礼・祭儀)は、神道にとって最も根本的な行事です。神道は神をマツル行為を中心に発展してきました。様々な祭礼は、その地域に非日常的な空間を現出させるイベントだといえます。今期はマツリとは何か、祭礼がどのように変遷してきたのかを時代ごとに考察していきます。校外講義は三社祭で知られる浅草神社近辺を実地に見学します。無理をせず、天候などの様子を見ながら柔軟に行動する〈大人の散歩〉に致しましょう。
講師名) 林東洋 学習院大学講師

山田徹  学習院大学講師

金子元  順天堂大学講師
受講料) 16200円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/14〜12/09
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 日曜 回数) 全5回

明治大学・駿河台キャンパス[大学のページへ]
キャンパス名 )
駿河台キャンパス
最寄駅 )
御茶ノ水駅

講座名) いま、哲学をはじめる
講座詳細) 講座番号18220043
講師名) 合田 正人明治大学文学部教授
受講料) 12000円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 10/15〜11/26
開始時間) 13:00〜14:30
曜日) 月曜 回数) 全5回

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) 羽仁もと子著作集を通して聖書を味わう
講座詳細) 自由学園の創立者・羽仁もと子は、常に根本的、本質的に考えました。中でも彼女の「全ての思いの拠って来る源」はキリスト信仰であると言っています。揺るがないキリストに基盤を置くからこそ、何者にも束縛されず、自由に大胆に行動したと言えるかもしれません。本質が見えにくい現代こそ『信仰篇』は読むべき1冊です。
講師名) 廣瀬 薫
東京キリスト教学園(東京基督教大学)理事長
受講料) 22320円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/17〜3/13
開始時間) 13:30〜15:30
曜日) 水曜日 回数) 全6回

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) 美術によるキリスト教巡礼
講座詳細) 至宝の芸術を集めた美術館。コレクションされている作品の一大ジャンルは宗教作品です。しかし、私たち日本人にとって、「聖画」は内容が不可解で、近寄りがたいのではありませんか。牧師・キリスト教美術研究家の草分け的存在、町田俊之先生の解説で、美術鑑賞によるキリスト教巡礼を始めましょう。世界の美術館へようこそ。
講師名) 町田 俊之
キリスト教美術研究家
受講料) 16740円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/18〜3/14
開始時間) 13:30〜15:00
曜日) 木曜日 回数) 全6回

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) 神道・仏教・キリスト教
講座詳細) 普段宗教と関わりなく生きている現代の日本人も、お墓の問題は頭を悩ませる。お祭りや冠婚葬祭のしきたりを知らないと、相手と関係が悪くなると心配する。助けになるはずの宗教が、どちらかと言えば厄介なものになっていませんか。様々な国の宗教を文化と共に受容して、変わっていった日本の宗教を比べて見ていきます。
講師名) 勝本 正實
新秋津キリスト教会牧師 聖契神学校講師
受講料) 16740円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/19〜3/15
開始時間) 11:00〜12:30
曜日) 金曜日 回数) 全6回

東京理科大学[大学のページへ]
キャンパス名 )
セントラルプラザ2F
最寄駅 )
 

講座名) 老いの科学と哲学
長寿社会を生きるヒント
講座詳細)    必然の「死」に近づいていく過程が「老化」であり、科学的には生理機能の衰退現象をさします。これまでに多くの老化学説が出されていますが、老化の主たる原因は、ストレスや紫外線、放射線などによって発生する活性酸素や、食物や環境物質に含まれる発癌性物質などによるDNAの損傷やタンパク質の変性によるものであります。人の老化過程には、個人差がみられますが、これは生活の仕方や環境などの後天的な要因が大きく関与しているからです。このことは逆に、毎日の生活の中のストレスなどをうまく解消できれば、老化スピードを遅らせることができることを意味しています。つまり、老化は不可逆的に進行する過程ではありますが、コントロールできるものなのです。    歳をとると物忘れが多くなったり、記憶力や体力も衰えてきます。「老化」はだれしも好まない、いやなイメージしかないでしょう。ところが、歳とともに備わってくる能力があります。それを「結晶性知能」といいます。先を見る力、いろんなことを発想して判断する力、統率力といった高度な知性です。また、風雅を感じとる感性も育まれてきます。この「老いの知性」を活かして、老いの時間を人生の新たなステージとして捉え、自分らしく自由にワクワクした気持ちをもって生きることが大切なことだと思います。    それでは、なぜ人には“老い”というものがあるのでしょうか。「老い」はおそらく、「自分とは何か」を問うことのできるかけがえのない時間なのだと思います。それは、そのなかで自分自身のアイデンティティが完結されていくからです。そして、自分の価値観を人生にどのように反映していくかを、老いの時間のなかで考えていかなければならないでしょう。もう一度、自分の人生ステージを立て直し、自分の新たなシナリオを自分で描いてみましょう。そして、自分にしかできないことをしていくようにするのが良いのでしょう。    いつも心豊かな夢を抱き、それを形にしていく勇気をもって一歩踏み出せば、きっと生きていてよかったと思える瞬間にたくさん出会えることでしょう。その時間が、人生を豊かに潤してくれるのではないでしょうか。神様からプレゼントされた「老いの時間」は、後の世代に何かよい贈り物を残す時間なのだと思います。それは有形なものでも、無形なものでも夢があればよいでしょう。その夢を誘い出せるのは、自然の美に触れ、感動する心以外にはないと思います。そして、そこで生まれる善い精神のみが、人の心の中に無限に遺し伝えられていくにちがいありません。本講座では、科学の面から「老化」を理解し、「老い」の時間をよりよく生きるヒントを考えてみたいと思います。  【キャンセルポリシー】 区分B ※受講規約をご参照ください。 【パック料金】 パック料金を設定しています。 詳細は下記URLをご覧ください。 <[大学のページへ]>
講師名) 田沼 靖一・本学研究推進機構総合研究院 教授 博士(理学)
受講料) 3500円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/20
開始時間) 10:00〜12:00
曜日) 土曜 回数) 01

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) キリスト教思想史を通して現代を見つめる
講座詳細) 人間を中心に置いた人本主義は、人の理解できる範囲に全てのものを束縛しました。愛、正義、自由・・・計り知れないものの単純化が始まり、やがて戦争の世紀に向かいます。しかし全てを失った結果訪れた暗闇によって、かえって鮮明になった真実を見つめる道が開かれたのは、歴史の皮肉です。20世紀思想の潮流を見ます。
講師名) 中村 穣
飯能の山キリスト教会牧師
受講料) 13920円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/26〜3/22
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 金曜日 回数) 全6回

学習院さくらアカデミー[大学のページへ]
キャンパス名 )
目白キャンパス
最寄駅 )
JR山手線目白駅

講座名) 「空」の心を知る?禅と観音
講座詳細) 講座番号45
日本において観音ほど親しまれている仏はない。浅草の浅草寺をはじめ全国各地に観音が祀られている。観音は三十三身に姿を変え、あらゆる人々の悩み、苦しみを聞き、悟りへと導いてくれるという。しかし、観音とはいったいどんな仏なのだろうか? どこにいるのだろうか? どうしたら会うことができるのだろうか? そんなことを禅の話を交えながら皆さんと学んでいきたいと思う。是非お気軽にご参加ください。
講師名) 平井正修  臨済宗国泰寺派 全生庵住職・日本大学客員教授
受講料) 12960円 入学金等)   教材費)  
開始日) 10/27〜12/08
開始時間) 15:00〜16:30
曜日) 土曜 回数) 全4回

東京理科大学[大学のページへ]
キャンパス名 )
セントラルプラザ2F
最寄駅 )
 

講座名) 対話する哲学講座
講座詳細)  哲学と聞くと、「哲学者の著作や名言を読んで一人で学ぶもの」とイメージされる方が多いかもしれません。しかし、プラトンが対話形式の著作を残したことからもわかるように、哲学にとって、他者とともに考える対話の存在は欠かせません。  本講座では、働く方の身近なテーマにのっとって、参加者が自ら問いを立て、互いに意見を交換しながら、一緒に探究する対話の時間を設けます。そして、対話の後には、テーマに関連する哲学の概念や理論についてレクチャーを行います。  自分と考えの異なる参加者の意見に耳を傾ける。自分の考えをわかりやすく他者に伝える。そして、自分が当たり前だと思っていた考えを疑ってみる。  哲学的な対話では、日常や仕事におけるコミュニケーションとは一味違った体験ができると思います。受講にあたって前提となる専門知識は必要ありません。どなたでもお気軽にご参加ください。 【キャンセルポリシー】区分B ※受講規約をご参照ください。
講師名) 寺田俊郎・上智大学/カフェフィロ、三浦 隆宏・椙山女学園大学/カフェフィロ
受講料) 10500円 入学金等)   教材費)  
開始日) 11/09〜12/14
開始時間) 19:00〜21:00
曜日) 金曜 回数) 全3回

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) お金とキリスト教
講座詳細) キリスト教は社会全体のあり方を問うています。社会にとってお金は不可欠。資本主義、市場経済の発展に聖書信仰が貢献したという見方もあります。しかしお金によって人間性を失う人もいます。お金に囚われずに、有効に用いることを求めましょう。身近なことも今日の世界的課題も、経済と聖書から考えます。
講師名) 高橋 秀典
立川福音自由教会牧師
受講料) 22320円 入学金等)   教材費)  
開始日) 11/1〜4/4
開始時間) 14:00〜16:00
曜日) 木曜日 回数) 全6回

上智大学 
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
 

講座名) 「科学」と「宗教」 −ガリレオからホーキングまで
講座詳細) 講座番号2124
近代自然科学の幕開けを象徴するガリレオ裁判、デカルトの合理主義、ル ソーの学問観、ニーチェのニヒリズム、西欧近代批判を辿り、「科学」と「宗 教」が織り成す複雑な問題系を探っていきます。
講師名) [コーディネーター・講師] 上智大学文学部 哲学科教授 佐藤 直子
受講料) 18900 入学金等)   教材費)  
開始日) 11/26〜01/28
開始時間) 19:00〜20:30
曜日) 月曜 回数) 7回

自由学園 明日館[大学のページへ]
キャンパス名 )
 
最寄駅 )
池袋駅

講座名) さあ、哲学を始めよう
講座詳細) ナチスを逃れ、渡米したユダヤ人哲学者ホルクハイマーとアドルノは『啓蒙の弁証法』で人間の理性が形式化を招き、結果として人を束縛するとして近代を批判しました。今日ますます顕著となる形式、単純、効率、画一といった思考の功罪を考えましょう。答を模索し続けることこそ「哲学する」道かもしれません。
講師名) 岡本 裕一朗
玉川大学教授
受講料) 11160円 入学金等)   教材費)  
開始日) 12/08〜2/09
開始時間) 16:00〜18:00
曜日) 土曜日 回数) 全3回



[ NEXT>> ]

(1/6)


  

広告
講座登録募集中 メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか お気楽温泉ブログ お気楽温泉.com

広告

そんないプロジェクト