社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >大学一覧 > 早稲田大学・早稲田校舎

早稲田大学エクステンションセンター 
早稲田校舎

施設概要

【お問合せ先】 早稲田大学エクステンションセンター
【電話番号】03-3208-2248
【FAX番号】03-3205-0559

【メール】  wuext@list.waseda.jp

【電話受付時間】 9:30〜17:00(日曜、祝日、休業期間中の土曜日を除く)

大学のホームページへ

受講資格

【受講資格】特になし

【受講方法】
1、電話で申し込み
2、WEBで申込

【入学金など初期費用】入会金 8,000円

キャンパス案内

早稲田校

【最寄り駅】
東京メトロ 東西線 早稲田駅

【アクセス方法】
3a出口より徒歩5分 早稲田大学正門前

【住所】
東京都新宿区西早稲田1-6-1

 


講座紹介

開催月別に表示

3月スタート 4月スタート 5月スタート 6月スタート 7月スタート 8月スタート 9月スタート

開催月別に表示

9月スタート 10月スタート 11月スタート 12月スタート 01月スタート 2月スタート 3月スタート

 

仕事に役立つ
生活を楽しく
趣味を広げる
資格取得
早稲田 八丁堀
ファッション・美容
早稲田 八丁堀
絵画・書道・手芸
早稲田 八丁堀
ビジネスマナー・スキル
早稲田
 八丁堀
医療・健康・心理・育児
早稲田 八丁堀
文化・教養
早稲田 八丁堀
英会話・英語
早稲田  八丁堀
福祉・介護
早稲田 八丁堀
華道・茶道・フラワー・ガーデニング
早稲田 八丁堀
その他外国語
スポーツ・ダンス・音楽・乗物
早稲田 八丁堀
パソコン
マネー・経済
早稲田
 八丁堀

体験・実習
早稲田 八丁堀

建築・インテリア
 
 
早稲田校全ての講座を表示する
八丁堀校全ての講座を表示する
e-ラーニング講座を表示する

講座情報は急遽変更になる場合もあります。詳細については大学へお問い合わせください

うまく表示されない時はココをクリック

全データー(8127件)中、[全項目]「早稲田校舎」を含むもの(257件) を登録順表示

広告




[ NEXT>> ]

講座名) ジャーナリズムの意義を考える
講座詳細) コード:110707
日本の新聞・テレビを概説したうえで、その歴史をたどり、インターネット・メディアも解説する。そのうえで、テレビ全体から見た報道番組、安倍政権と新聞報道、戦場からみた国際報道、スポーツジャーナリズムといった個別の問題を専門家に語っていただく。その間には、テレビ局見学を行う。個別講義後は、今後、ジャーナリズムは何を目指すべきかを考えていきたい。日々のニュースやメディアに関心を持つ皆さんの受講をお待ちする。
講師名) 砂川 浩慶・立教大学教授 他
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥30160
ビジター価格¥34534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 土曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 10:40〜12:10※5/10は15:00〜16:30(予定)

講座名) 風景の詩U 2019 春
講座詳細) コード:110437
風景画を描くのではない
風景を通じて
何を感じたか
何が見えたか
それを
どう表現しえたか
何を語ろうとしたのか
そして語りえたのか
そのためにこそ
辿らなければならない道がある
それをもう一度確かめてみたい
講師名) 南口 清二
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 月曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 14:45〜16:15※校外スケッチの場合13:45〜15:15(予定)

講座名) 『古事記』を読み直す
講座詳細) コード:110101
第二次大戦に敗戦後、『古事記』に新しい読みが求められ、宣長『古事記伝』の呪縛から脱出した。しかし、敗戦後70年この間の日本古代史の変貌は著しく、考古学の発掘成果も日に日に加わって、新しい日本の古代が我々の眼前に現出した。この成果は『古事記』にも波及し、編纂意図・成立事情の考究及び本文の解釈にも変革を要求している。かかる事情に鑑み本講座では『古事記』の新しい解釈を追究する。
講師名) 菅野 雅雄・古事記学会理事
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 月曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 万葉集入門
講座詳細) コード:110102
『万葉集』とはどのような歌集なのか、初心者の方にわかりやすく解説します。はじめに概説的な解説をした後、代表的な歌人 (額田王・柿本人麻呂・山部赤人・大伴家持など)を、年代順にとりあげます。また、東歌や防人歌についてもとりあげます。個別の歌人の話題だけではなく、恋の歌や死者を悼む歌、自然を賞美する歌など、さまざまなジャンルの和歌が、時代とともにどのように変化したかについても、折に触れてお話しすることになるでしょう。
講師名) 高松 寿夫・早稲田大学教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 木曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 万葉集を読む
講座詳細) コード:110103
巻八・1562番歌「秋雑歌」の続きから始めます。「秋相聞」に入ると、額田王の歌から辿ることになり、大雑把な再スタートも可能です。そもそも、歌は「意味」だけ知っても謎のままです。近代文学との違いがそこにはあります。何故「五七五七七」なのか(『會津農書』から『會津歌農書』へとして説明します)。
@1300年の時を遡り、読み続ける。A平安時代の「古点(読み方)」等に続く、鎌倉時代の『仙覚抄』の「新点」から、江戸の『代匠記』『万葉考』『略解』『古義』等、明治以後の『全釈』『全註釈』『私注』『空穂評釈』等、最新の『釈注』『万葉集全歌講義』『万葉集全解』への研究史を辿る。B先学の成果を批判的に受け止め、私が、折口信夫・吉本隆明・小野重朗・古橋信孝等の影響下に得た方法で講じる。受講者各位は批判精神を発揮し、独自の『万莱集歌』解釈を残して頂きたい。今年は皇位継承の時。四月は『日本書紀』『続日本紀』を基に、解説を進める。
受講者各位の発想、受講時の思い付きが後々の学問の進展に寄与することを信じて!時には居眠りもどうぞ!
講師名) 横倉 長恒・長野県短期大学名誉教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 金曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 万葉集巻一を読む
講座詳細) コード:110104
万葉集巻一の歌を最初から読みます。春学期は半分ほど読む予定です。巻一は万葉集でも古い時代の歌を収めており、万葉集を代表する歌が多く載せられています。万葉集を既に読まれた方にも、またこれから読もうと思っている方にも理解しやすいように、毎回プリントを配付して講義を行います。古代の歌を読みながら、文学の発生と現在に触れていきたいと思います。
講師名) 内藤 明・早稲田大学教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 水曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 14:45〜16:15

講座名) 『竹取物語』を読む
講座詳細) コード:110105
竹の中から見いだされたかぐや姫が、多くの求婚者を退け、八月十五夜に月の世界へ帰って行く―よく知られた内容をもつ『竹取物語』ですが、仮名で書かれた最古の作り物語として大きな意味をもつ作品です。また、『源氏物語』など後代の物語に大きな影響を及ぼしました。小さ子説話・天人女房譚・貴種流離譚など古伝承の話型をとり込みながら、この作品が独自の世界を形成してゆく様相をたどってみたいと思います。
講師名) 田畑 千恵子・エクステンションセンター講師
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 火曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 『源氏物語』「真木柱」巻を読む
講座詳細) コード:110106
前年までの陣野先生のご講義に引き続き、「真木柱」巻第七段から読んでまいります。光源氏の養女である玉鬘を我が物にした鬚黒大将でしたが、その強引なやり方故に周囲に波紋を投げかけます。特に鬚黒とその北の方との間に生じた不和や家庭騒動の顛末などはこの「真木柱」巻後半の読みどころとなっています。途中よりの方にもわかりやすくお伝えするよう心がけますのでぜひご参加ください。
講師名) 栗山 元子・早稲田大学講師
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 火曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 平安時代の歴史物語を読む
講座詳細) コード:110109
『栄花物語』は藤原道長の栄華を中心に描いた仮名の歴史物語として知られていますが、あわせて天皇の后やその後宮の女房達についても多く言及しています。『源氏物語』や平安時代の仮名日記を考えるうえでも『栄花物語』の読解は必須です。『源氏物語』や『大鏡』などと比べて、必ずしも多くの読者を獲得してきたとはいえない、この歴史物語の傑作を丁寧にわかりやすく読み進めていきます。
講師名) 福家 俊幸・早稲田大学教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 水曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 14:45〜16:15

講座名) 江戸の絵本、黄表紙を読む
講座詳細) コード:110112
江戸時代の読み物、黄表紙は、ナンセンスな発想や言葉遊びに溢れた大人のためのエンターテイメント絵本です。本講座では、黄表紙というジャンルを拓いた恋川春町が寛政の改革をモチーフに描いた『鸚鵡返文武二道(おうむがえしぶんぶのふたみち)』等を読み進めます。当時の社会や読者の様相に注目しつつ、江戸人が夢中になった「洒落と機智」の文芸を学んで(楽しんで)ゆきましょう。
講師名) 鈴木 久美・早稲田大学講師
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 月曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 芭蕉の俳文を読む
講座詳細) コード:110114
『芭蕉俳文集上下』(堀切実編注、岩波文庫)に基づき、その内容の特色から(1)芭蕉庵住の世界、(2)芭蕉の所思・感慨、(3)芭蕉の旅中感など、テーマ別に分類し、順序立てて読んでゆく。俳文は多く俳句を文中にとり入れ、『おくのほそ道』など芭蕉の紀行文の基礎となったものなので、それらの紀行文との関連についても学んでゆく。そして俳文は芭蕉以後、その門人たちや、蕪村・一茶・也有らに受け継がれ、さらに近代の文章史の基礎ともなってゆく。この講座では、そうした広い文章史の視野をもって望みたい。なお、多く俳文に由来する数々の芭蕉の名言についても随時とり上げたい。
講師名) 堀切 実・早稲田大学名誉教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 火曜 回数)  

開始日) 04/08〜 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 宮澤賢治―時代と作品を読み解く
講座詳細) コード:110116
「雨ニモマケズ」や「銀河鉄道の夜」で広く親しまれる宮澤賢治。詩人、童話作家、科学者、宗教者、教師、農村啓蒙家などの多彩な側面を持って駆け抜けたその37年の短い生涯と作品は、生誕120年を越えたいまなお、瑞々しい感動をもって、現代の私たちを惹きつけてやみません。この講座では、賢治の残した不朽の名作の数々を読み解きつつ、同時に賢治の生きた大正時代や、かれ自身の周辺の状況を知ることによって、その全貌に対する立体的な理解を深め、魅力的な「賢治ワールド」に触れていこうと考えています。
講師名) 濱田 英作・国士舘大学教授、早稲田大学講師
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 金曜 回数) 全1回

開始日) 04/08〜04/08 開始時間) 14:45〜16:15

講座名) 昭和文学の面白さ、『蓼喰う虫』『太陽のない街』『お伽草紙』
講座詳細) コード:110117
今年度の春学期には、昭和時代前半(敗戦まで)に書かれた作品のうち、それぞれの作者の個性がはっきりと出ている名作・代表作を扱います。谷崎潤一郎の『蓼喰う虫』(昭和3〜4年)は、関西を背景に、谷崎ならではの男と女の複雑な掛け合いが造形されており、新聞連載時の挿絵(小出楢重画)と合わせ読むことでその味わいが増します。岩波文庫は挿絵を全て翻刻しています。最近岩波文庫で新版が出たプロレタリア文学の代表作である徳永直の『太陽のない街』(昭和4年)は、東京の近代化と都市の膨張がもたらす問題性を明らかにしてくれます。太宰治の『お伽草紙』(昭和20年)は、「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」の4つの話が見事に造形され、その「語り」の妙味が堪能できます。いずれも文庫本で読めますので、ぜひその文学世界に目を向けてみて下さい。
講師名) 中島 国彦・早稲田大学名誉教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 金曜 回数) 全1回

開始日) 04/08〜04/08 開始時間) 13:00〜14:30

講座名) 日本語のニュアンス
講座詳細) コード:110120
皆まで言うなという寡黙の文化を築いた日本人は、相手の察しを期待するコミュニケーションを展開してきた。その結果、省略表現や婉曲表現を駆使し、豊かな語彙体系をもたらした。数々の類語グループを対象に、意味や語感の微妙な違いを具体例で追いながら、日本語の感性をみがきあげたい。
講師名) 中村 明・早稲田大学名誉教授
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥29160
ビジター価格¥33534
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 月曜 回数) 全5回

開始日) 04/08〜05/20 開始時間) 10:40〜12:10

講座名) 初めての朗読
講座詳細) コード:110121
舞台朗読の第一人者・幸田弘子の門下生(鈴木・内木)が講師を務めます。各テーマに沿って、さまざまな角度からの精読を試み、作品の世界を聴き手にきちんと伝えていくための表現方法の習得をめざします。
講師名) 鈴木 千秋・朗読家、フェリス女学院大学講師 他
キャンパス名 ) 早稲田校最寄駅 ) 東京メトロ東西線 早稲田駅
受講料) 会員価格¥38880
ビジター価格¥44712
入学金等) 8000 教材費)  
曜日) 火曜 回数) 全6回

開始日) 04/08〜05/27 開始時間) 10:40〜12:10




[ NEXT>> ]

(1/18)

  

広告